1. "五感"の王者"視覚"の功罪――目をつぶれ。すると自分が見えてくる

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"五感"の王者"視覚"の功罪――目をつぶれ。すると自分が見えてくる

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“百聞は一見に如かず”も本当だが、“一見”が人の感性を鈍らせ、時に美容の足を引っぱるのだよという話をしよう。

ともかくキレイやセンスは、目で見ることでしか育たない。オシャレで美人な友だちや同僚を毎日毎日「ステキな人!」と思いながら見つめている人は、気づかぬうちにステキになる。逆に「あの人には負けたくない」と思いながら見つめる人も案外キレイになってしまうが、何も感じない人はいくら見ても効果はない。“感情ある目”こそ、キレイの母というわけ。

一方、鏡をよく見る人ほどキレイになるのは言うまでもないが、鏡には100のうち10の自分もうつらない。話す顔も笑う顔も怒る顔も、じつはまるでうつらない。鏡に自らうつしている顔がすべてだと思うと、せっかくのキレイが妙な方向へ偏っていく。“目に見えるものしか信じない”と、人はどんどんバランスが悪くなるんである。

そもそも視覚は五感の中でいちばん強い。どんなにいい匂いやいい味も、見た目に醜いと、心地よさや美味しさは半減する。嗅覚も味覚も触覚も聴覚も、視覚には結局のところ勝てないのだ。肌のお手入れの時、「目をつぶりなさい」と言われるのも、香りや感触をきちんと味わうため。視覚を閉ざすと、他の“四感”が逆に研ぎすまされるから。まして部屋がいつも散らかっている人は、必ず目を閉じよ。醜いものを見ながらでは、触感美容なんて効きやしない。部屋を片づけるか、目をつぶるか、それはお手入れ法の究極の選択なり。

  • 1
  • 2