1. 嗅覚VS味覚――最後に勝つのは、味覚な女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

嗅覚VS味覚――最後に勝つのは、味覚な女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

嗅覚VS味覚――最後に勝つのは、味覚な女

近頃、“味覚”のない人が増えつつあるのだという。いっとき、“激辛もの”が流行ったが、たとえば激辛ジャンクフードなどをボリボリ食べつづけると、刺激された味覚を、次に逆の刺激で中和するために、チョコレートなんかをむさぼり食べちゃったりする経験があるはずだ。そんなふうに辛いものと甘いものばっかり食べてると、味覚はマヒしていくものらしい。過激で安易な食生活時代のひずみ、これが味覚消失を招くのだ。

しかし一方、“嗅覚”がマヒしている人もけっこう多い。同じ香水は3日つけると自分には匂わなくなって、以後知らないうちに量が増え、さらに鼻がマヒしやすくなるとはよく言われること。日本人は嗅覚が敏感だとされるのも、欧米のような香水文化がなかったせいだろう。そして、化粧品を顔につけつづけていない分、男のほうが嗅覚は敏感なんだそうである。

さて私は、“カラムーチョ”と“絹練りチョコ”と“イン ラブ アゲイン”と“ブルガリ プール オム”が大好きなので、たぶん味覚も嗅覚も、かなりマヒしているはずで、まあどちらも大事だが、ふと“マヒしたらどっちが困るか?”なんてバカなことを考えた。舌と鼻は、すぐ近くにあって、味覚と嗅覚は影響しあっているものの、やっぱり別もの。味覚人間と嗅覚人間はどっちが幸せ?なんて考えてみたのである。