連載 齋藤薫の美容自身stage2

“不倫”美容~後ろめたさと、開き直りの間で~

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「好きになった人が、たまたま結婚していただけ」そういう不倫をすると、女はのびる・・・・・・。少々不謹慎ながら、私はそう思うのだ。

まず不倫したことがない人のために、一応“不倫において女性側が受ける待遇”ってものを、ざっとご説明しておこう。相手の男性には言うまでもなく“家庭”があるわけで、「愛してるよ」といくら言っても、その言葉のウラにはつねに、「でも結婚はできないよ」という“言い訳”的な含みがある。従って、ノーマルの場合より、たぶん「愛してるよ」の回数は多く、女としては幸せだが、同じ回数だけ“言い訳”されていると考えると、ちと辛い。そして、平日はおうちにいっぱいウソをつき、奥さんをないがしろにして、自分との時間を過ごしてくれることで、一種の“優越感”に浸れるが、土日はたちまち惨めになる。とりわけ“盆・暮れ・正月”には、日頃それほど感じない立場の弱さを思い知ることになり、持ち上げられたり、引きずり降ろされたりと、けっこう激しく処遇が変わるのが特徴。

しかしながら、相手には決定的な負い目がある上に、こちらのほうがだいぶ若かったりすると、恋愛においては完全に優位に立てるのは言うまでもなく、「私、お見合いするの」とか「好きな人、作っちゃおかな」といったチクチクいじめは意外に楽しく、“結婚なし”と割り切れば、そうストレスはたまらない。

何より大きなメリットは、少なくとも“彼の奥さん”よりも“いい女”をいつの間にか目指している点。最初は“奥さんより若い”ってことだけが評価されたとしても、いつの間にか女として“奥さんより上”になろうと努力してしまうのだ。彼が“奥さんの悪口”を言わないまでも、女は勝手に“夫に浮気されちゃう妻”の良くない点を想像し、それとは“逆の女”になろうとする。

ましてや「うちのカミさんは家庭的な女じゃないから・・・・・・」とか「子供ができてからはただの母親になっちゃって・・・・・・」なんて、彼がポロッとこぼせば、もうこっちのもの。本来が少しも“家庭的”じゃない女性が、すっかり“家庭的”な気配りのできる女になったり、その一方で女にも一層磨きをかけたりして、どんどん成長していけるのである。

もっと言えば、“彼の奥さん”がどんなにすばらしい女性であろうと、逆にどんなにつまらない女性であろうと関係ない。女は、“見えない敵”、“見えないライバル”と戦うと、世間一般が望む“理想的な女性”に近づいていくものなのだ。そういう意味で、不倫も悪くないというのである。

ただし、何の後ろめたさもなく不倫ばかりしていると、やがて自分が結婚した時、夫と世の中の独身女性がまるで信じられなくなり、疑り深ーい妻と化すので充分に気をつけたいものである。

不倫は花嫁修業の荒技か?

何たって、たったひとりの敵はプロの“主婦”。これが少々だらしない人だったりすると、じつはだらしない自分が、“奥さん”に勝つためだけに、急に“家庭的凡帳面さ”を身につけたりする。せっかく不倫するなら、そういう意味での修業を積んでからお別れしよう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ