1. "意地悪"診断――特に女の意地悪が損なワケ――

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"意地悪"診断――特に女の意地悪が損なワケ――

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女は最低、意地悪でなければ何とかなる、なんて言われる。気が強くても多少わがままでもいいが、意地悪だけはいけないと。“人に嫌われるから”じゃない。同情を買うほど、損だからである。

子供の頃に読んだお伽話や“少女小説”は、どれも性悪女が出てきてヒロインをいじめないと話が始まらない。当時は、意地悪を心から憎み、ヒロインの幸せだけを必死で願ったものだが、少し大人になってから「彼女はその後どうなったのだろ?」とふと気掛かりになるのは、いつも性悪女の方。シンデレラの2人の姉や、“少公女”セーラをいじめた先生たち。おそらく、この世にあんなわかりやすい意地悪女はいないし、笑っちゃうほど意地悪だから、かえって哀れをさそい、人生の機微が小指の先ほどわかるようになると、“悲しすぎる女”への同情が芽ばえるためだろう。