1. "非常識"診断――非常識な女と呼ばせない――

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"非常識"診断――非常識な女と呼ばせない――

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女は最低、非常識でなければ何とかなる……じつはそうも言われている。仮に心の中がとっても意地悪でも、非常識でなければ、人をいじめるまでに至らない、だからセーフ。でも非常識だと、たとえ心がきれいでも、たとえ顔がキレイでも、ぜんぶ無駄になるのでともかく避けたいわけである。

不思議なことに、女の非常識は女がキレイになろうとする時ほど、強烈に現れる。アカの他人の非常識に腹がたつ時、敵はだいたい自分だけキレイになろうとしている、そういうこと。たとえば、どこかの化粧室。鏡をどっかと占領して、まるで自分の家のような振る舞いで、スタイリングに没頭しているタイプに限って、あとが汚い。水びたしの上に長い髪の毛が5~6本。化粧台を不潔にしながら、自分ばっかしキレイになる非常識。そういう人に限って、鏡の前を離れていきながらも、化粧室を出ていく瞬間まで、振り返って鏡を見てる。まわりがまるっきり見えてない。キレイになることに貪欲な女ほど、うっかり非常識になりやすいのだ。

それに、ブランド品のバーゲン会場。バタフライで泳ぐように品物を抱えこんだかと思うと、会場の隅っこでしゃがみこんでのセレクション。買わないものは放り出し、新たな獲物目指して再びバタフライで泳ぎ始める非常識。そういう人に限って、戦い終えて帰っていく時は“私がブランドものをバーゲンで買うような女に見えます?”てな顔をする。金目のもので着飾ることに貪欲な女ほど、ついつい非常識になりやすいのである。