連載 齋藤薫の美容自身stage2

“非常識”診断――非常識な女と呼ばせない――

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女は最低、非常識でなければ何とかなる……じつはそうも言われている。仮に心の中がとっても意地悪でも、非常識でなければ、人をいじめるまでに至らない、だからセーフ。でも非常識だと、たとえ心がきれいでも、たとえ顔がキレイでも、ぜんぶ無駄になるのでともかく避けたいわけである。

不思議なことに、女の非常識は女がキレイになろうとする時ほど、強烈に現れる。アカの他人の非常識に腹がたつ時、敵はだいたい自分だけキレイになろうとしている、そういうこと。たとえば、どこかの化粧室。鏡をどっかと占領して、まるで自分の家のような振る舞いで、スタイリングに没頭しているタイプに限って、あとが汚い。水びたしの上に長い髪の毛が5~6本。化粧台を不潔にしながら、自分ばっかしキレイになる非常識。そういう人に限って、鏡の前を離れていきながらも、化粧室を出ていく瞬間まで、振り返って鏡を見てる。まわりがまるっきり見えてない。キレイになることに貪欲な女ほど、うっかり非常識になりやすいのだ。

それに、ブランド品のバーゲン会場。バタフライで泳ぐように品物を抱えこんだかと思うと、会場の隅っこでしゃがみこんでのセレクション。買わないものは放り出し、新たな獲物目指して再びバタフライで泳ぎ始める非常識。そういう人に限って、戦い終えて帰っていく時は“私がブランドものをバーゲンで買うような女に見えます?”てな顔をする。金目のもので着飾ることに貪欲な女ほど、ついつい非常識になりやすいのである。

それが有名になるほど非常識な女は、自分が非常識であると悟る常識を持っていないから、生涯をけっこう幸せに送れるが、問題は日頃常識的なのに、自分を良く見せようとするあまり、一瞬まわりが見えなくなり、夢遊病者のごとくほとんど無意識に非常識をし、結果的に醜い自分を世間にさらしてしまう、自意識も高く、向上心もある人々。じつは今の世の中、こういう“未必の故意”的非常識をしてしまう若い女性が増え続けているという。しかも、キレイな女性が集まる場所ほどそういう新種の非常識が横行し、美女の宝庫であるクラブのパウダールームなどは、そのメッカであるとも聞く。そこに“鏡”があると、いきなり自分しか見えなくなる……これは、“見た目重視”の時代が生んだ悲しい習性。キレイになりたい、着飾りたい、自分を1ミリでも良く見せたいと躍起になる反動で、子供の頃からちょっとずつ築いてきたせっかくの“倫理観”を、一瞬で放り出して、見た目の自分磨きに集中してしまうのも、結局は鏡のせい。それがクラブのトイレを汚くしているのじゃないかということなのである。

“見られてる時の自分”を大切にするあまり“見られてない時の自分”をおろそかにする。それが、あなた自身にも起こりがちな非常識のしくみ。でも、“見られてないと思ってる自分”は、これがけっこうしっかり見られてる。キレイになったそばから、キレイをたれ流してしまいがちな時代、“見られてそうにない自分”もおろそかにしない。これは重大な美容法である。

非常識な人には美人が多い?さもありなんの理由判明

キレイになろうとする集中力。これは時に女を無意識に“人に見られている自分”を一生懸命磨くあまり、“人に見られていない自分”が雑になる。美容バブルがもたらした、もうひとつの由々しき現象。キレイを作っては捨て、作っては捨て。ものすごい美容の無駄なり。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ