1. 殺人鬼に惹かれる女たち~おぞましさの、知られざる効用を考える~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

殺人鬼に惹かれる女たち~おぞましさの、知られざる効用を考える~

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

殺人鬼に惹かれる女たち~おぞましさの、知られざる効用を考える~

各局の9時台10時台のテレビドラマは、その時代の“ひとり暮らしの女性が見たいもの”がひと目でわかると言うが、今それは“こわい話”や“殺人鬼”。犯罪史に残る殺人鬼の記録を一冊にまとめた“マーダー・ケースブック”というシリーズが20代女性によく売れ、“殺人鬼の実話もの”を読みあさる女性が増えている事実は、無気味な社会現象となっていた。

なぜ彼女たちは“殺人鬼”に心惹かれるのか。もちろん、本人たちは心惹かれてるなんて思っちゃいない。最初は単なる“コワイもの見たさ”。やがて、どぎつい刺激がクセになり、もっともっと見たくなる。フィクションではダメ、実在の人物でなければダメで、それが凶悪かつ猟奇的であるほど燃える。そうした暗黒のレクリエーションにハマった女性は、殺人鬼を“許せない!”と憎む正義感などなく、むしろ彼らを無意識に理解しようとしている。それがなぜ若い女性なのか?なぜ日頃はいかにも常識的な女性たちなのか?