連載 齋藤薫の美容自身stage2

逆転カップルの未来~逆さまだと、ウマく行くもの行かないもの~

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女が男のようで、男が女のような今の時代、いて当たりまえの逆転カップル。未だに「背の高いひとがイイ」なんて言っていると、それだけで愚かに見えるし、今どきの男は自分より背の高い女性を平気で好きになる。“見た目逆転カップル”は、もはや少しも珍しくないし、ついでに経済的にも女が支え、男が支えられるカップルは、日々増えている。主従関係はもうとっくに逆転しているのだ。

でもなぜそうなってしまったのだろうと考えた。というより、なるべくしてそうなったのではないかと思ってみたのである。

たとえば生理学的に言って、年齢的にも女性が年上のほうがじつは望ましいという話をよく耳にする。精神的にも肉体的にも、20代の男性には30代の女性が組み合わさることが、いちばんバランスが良いのだなんて言われる。

“同年代だと男より女のほうがはるかにオトナ”とは昔から言われること。でも、じゃあどうして年下の男なのか? これはたぶん、30代になろうと40代になろうと男は子供のまま成長する生き物だからで、もしもあなたがひとまわり年上の男に“自分よりガキな精神”を見てしまったとしたらどうだろう。裏切られ、腹がたち、やがて相手をさげすむようになってきはしないだろうか。だから、ハナから子供とわかって付き合ったほうが、落胆もなく、いっそ清々しい。女は、“成長すること”が趣味だから、年下男と付き合うことでより自然にオトナになっていく自分がうれしくてたまらない。おまけに、年上女が時々子供っぽいところを見せようものなら、年下男は必要以上に“可愛いやつ”と喜んでくれたりするもので、持ちつ持たれつ、いい関係ができあがるのだ。

さらに言うなら、私はこう信じて疑わない。本来、女のほうが男より生活力も生命力もあって、精神的にも強くて闊達。でもそれじゃああまりに不公平だから、神様が男には肉体的な大きさと腕力を与えた。それがいつの間にか“女は男に従うもの、頼るもの”という図式ができて、男も女に脅かされそうな予感があったからなのか、自分よりも背が小さい年下女を妻にするという習慣を作ってしまっただけ。つまり本当は、逆なのだ。男のほうが細かいし料理もうまかったりするのも、たぶん戦争がなくなって腕力がいらなくなって久しいから、本来のアンバランスな力関係がバレてきただけなのかもしれない。

逆転のカップルたちよ。あなた方は生理学的にとても正しい。このままでよいのだ。

平和な国ほど逆さまカップルが多い理由

古代の昔から、動物と格闘し、敵と戦うのは男の仕事。だから女は、男に頼って生きてきた。でも、戦争がなくなれば、力関係は当然変わってくるわけで、「頼りがいのある男性が理想」と言ってる女性ほど、恋人ができにくい現実を生んでいる。いっそ、“ついてきてくれる男”をさがしてしまうほうが、話は早いかも。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ