連載 齋藤薫の美容自身stage2

キレイになるコンプレックス、ブスになるコンプレックス~”欠点”とどう向き合うかの研究~

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

私は中学生の頃からマスカラにハマっていた。他のことはむしろ奥手だったのに、なぜマスカラだけ?とあらためてその動機を振り返る。するとブチ当たったのが小学生の頃のこんな記憶。まつ毛のやたら長い子がいて、「カオルちゃんのまつ毛、短いね」って言われたのである。それが私を早熟なマスカラフリークに走らせるほどの強いコンプレックスになっていたかどうかは覚えがない。でも、少なくともコンプレックスが女の美容人生を大きく二分することだけは確か。そう言われたことが将来逆に、「私のまつ毛はマスカラなんか塗っても意味がないまつ毛」という深いあきらめとなって、私にスッピン人生を歩かせたかもしれないのだから。“バネにするか”“あきらめる”か、身体的コンプレックスは女に二者択一を迫るのだ。

ところであなたは、自分と同じ欠点をもつタレントなどを一体どう思うのか?「嫌いなところが似てるから嫌い」はノーマルな感情だし、単純に自分に似てるから好き……もありうる感情。でも「あの人はキレイ、あの人はステキ」と自分に思い込ませようとしてはいないか。逆に自分にはないものを持っている女性を、「あの人良くない、キレイじゃないよね」と他人にまで強要してはいないか?自分の欠点を必死でカバーする一方で、その欠点は決してマイナスじゃない、むしろ美しいのだと、価値観ごと曲げてしまおうという意図がそこにあるわけだが、これは美容において、いちばんいけないこと。自分が嫌いな部分を嫌いすぎ、重くこだわりすぎるから、逆に美化してしまおうというゆがんだ美意識が生まれた証。

これでは女はキレイになれない。顔が大きい、鼻が低い、目が小さい、太ってる……その程度のことで、美意識を曲げてはいけないのだ。事実は事実として認め、こだわりすぎずに無視もしない。言わば“感情”をもちこまずに、淡々と美容する。それが成果を生むのである。よく『欠点を好きになろう』なんて言うが、そんなの無理だし、大きな誤り。自分は好きになるべきだが、欠点まで好きになろうとしなくていい。鏡を見るたび、そこばっかり見つめてしまうから却って逆効果。なぜなら、人の身体はじつに不思議で、一ヵ所に感情をもちこみすぎると、そこだけが目立ってくるからだ。二枚目俳優はなぜか顔だけ大きくなっていく……そういう噂もあることだし。

いっそ男のように、容姿のコンプレックスを“他の分野”で取り戻すのはどうだろう。美容はするが、“バネ”は他のことに使うみたいな。それで自信がつけば女は放っておいても輝く。そのほうが、よほど早い気もしたりして。

鏡で見すぎるとコンプレックスは大きくなる

ニキビをジッと見ると大きくなるって話は、ホント。シミも気にしすぎると濃くなるらしい。鏡を見る回数の分だけ、女はキレイになるというけれど、イヤなところをイヤだイヤだと見つめると、もっとイヤな形になっていくって、ありうる気がする。コンプレックスのある部分とは、見るのを忘れるくらい淡々と付き合おう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ