1. その瞬間、私の中に掟が生まれた

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

その瞬間、私の中に掟が生まれた

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

その瞬間、私の中に掟が生まれた

間違っても美容を難しくややこしくしようとしているのではない。
でも、美容=化粧品でなく美容=人に見せるものでもなく美容=他人にまかせるものでもない。
では一体何なのか?私がその答えを見つけるまでのプロセスを、まず聞いてほしいのだ。

自分は将来“何をする運命にあるのか?”つまり天職みたいものについて、すべての人は子供の頃に何らかの“神の啓示”を受けていると私は思う。服飾デザイナーになった男性が、ふり返れば幼稚園の頃、絵本より母親の洋裁本の中で見つけた“型紙”を見るほうが好きだったとか、手相占いを生業とする女性が物心ついた頃から、人の手ばかり気になったという話を聞いて、そう確信したのだ。

じゃあ自分の場合はどうだったのだろう。その仮説にのっとるならば、私は物心ついた時から、母親の口紅とかクリームに異常に執着していなければならない。でも幼い私が激しく心惹かれたのは、化粧品ではまったくなく、むしろ鏡であった。しかも三面鏡。さまざまな角度から見える自分の顔。意図する形とは違う目鼻だちを「なぜだろう」とあきもせず観察したりした。悩むのでなく客観的に。そして、髪を耳にかけると目鼻だちがキリッと見えることを面白がった。それを今改めて「なるほど」と思う。私にとって、美容は化粧品を使うことじゃない。人はちょっとしたことで、キレイになったりブスに見えたりするもので、髪を耳にかけるくらいの“ちょっとしたこと”こそ美容だと思っている。しかも、それを怠ると、女はとんでもなく大きな損をすると信じてきて、今がある。「女は可愛い子のほうが性格もいい」みたいな話を、男の子たちがしていた。確か中学の頃、私たち女の間ではそれとまったく逆、「美人は性格が悪くて、ブスは性格がいい」と決まっているから驚いた。でも反論はできない。容姿か性格か、誰でも片方はクリアできてしまう女の論理はやはり都合が良すぎる。女はどこかでそれを言い訳に使い、自分を安心させてきた。しかし真実は男の子が言うほうにある。「可愛いほうが性格もいい」女はまずそれを認めないと、成長もないし、幸せにもなれない。もし、“ちょっとしたこと”でキレイになれて、性格も磨けるなら、美容するのは女の義務。早速みんなに教えなきゃ……、その歳で心にそう誓ったとしたら、それはたぶん2番めの“神の啓示”だったかもしれない。