1. その瞬間、私の中に掟が生まれた

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

その瞬間、私の中に掟が生まれた

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

色選びなんて楽しいわけがない

でも待てよ。美容ってのは、なかなか扱いが難しい。「私、美容やってます」と顔に書いてあるのでは、キレイより美容のほうが目立ってしまう。高校時代、もともと可愛い子なのに、化粧をまる出しに、髪を巻いたロッドの数が数えられるほど、その跡をくっきりつけて登校する生徒がいた。学校で注意されるからマズイのじゃなく、それじゃああの子は美容してるから可愛いんだとぬれぎぬを着せられる。なーんともったいない。化粧もロッドもバレたら無意味。私はここで自分の中に、初めて掟が生まれたのを感じる。美容はバレちゃいけないのだという……。かくして私が選んだ最初の美容は、マスカラだった。1本でも2本でもいい。正面からまつげの存在が他人の目にもハッキリ見えるくらい、長さと濃さとカールがあると、女は思いっきり可愛く見える。何より、まつげは顔の中にもともとある素材だから、上手にやればまずバレない。私はまんまと、素顔のままで少し可愛くなった。

ところが周囲に「キレイになった」とは言われず「やせた?」と聞かれた。しめしめと、私は大きな手応えを感じて胸躍らせる。素顔のまま目鼻だちがクッキリすると、人は程良く小顔に見えるものなのである。こうした発見は、バレない美容へと、私をいよいよ激しく駆りたてていく。やがて赤みの強いブラウンが目をハレぼったく見せたり、赤い口紅は顔だちの欠点を目立たせるといった、逆に人をブスにする化粧品があることを知るに至ると、私は20歳前にして、自分の化粧品に行きついていた。だからそれ以降、メイクの色選びを楽しいと思ったことは一度もない。自分をブスにしないわずかな色を必死でさがすのだ。楽しいわけがない。そう、私は化粧品がモノとして好きなのではなく、その“才能”を見出すのが好きなのだ。化粧品にモノを所有する喜びばかり感じる人は、キレイのチャンスと費用をみすみす無駄にしてしまうよと、ここで断言してしまおう。