1. コンプレックスのある女、ない女~最後に笑うのは、一体誰か?~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

コンプレックスのある女、ない女~最後に笑うのは、一体誰か?~

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

コンプレックスのある女、ない女~最後に笑うのは、一体誰か?~

どこから見ても、およそ欠点がない美人がいて、誰かが彼女にこう聞いた。「あんたみたいな人は、コンプレックスなんかひとつもないでしょ?」しかし彼女はあると答えた。こういう時、まわりはけっこう複雑で、“ウソばっかし”と腹立たしくなりながらも、心のどこかで安心する。誰にだって、人には言えない見えない欠点はあるものよ……と。ところがその美人は、あっけらかんと「足の親指の形がキライなの」。なんなの、それ!?そこにいた全員が、絶句し、そしてムッとしたと思う。仮に自分の親指がおダンゴみたいな形をしていたとしても、そんなもんコンプレックスの100番めにもならないと、激しく落ちこんだかもしれない。

世の中には“コンプレックスが本当にない人”もいる。でも“人の痛み”さえわかっていれば問題はない。マズイのは、コンプレックスの意味そのものをよくわかっていない人。

たとえばこういう人がいる。「コンプレックスがある人って、ホントにイヤ」が口グセ。自分とモメた相手、自分を嫌っている相手、そして自分が気に入らない相手を、すべて“コンプレックスが強い人”としてくくる。それは裏返せば、自分にはコンプレックスがなく、だからいつもフェアで何をしても正しく、素晴らしいのだというアピールのようにも聞こえる……周りに1人か2人はいるタイプである。