連載 齋藤薫の美容自身stage2

10センチの自己満足~ワー、すごいキレイと思ってもそのキレイは他人には見えていない~

公開日:2015.04.23

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「見て見て。こんなに長くなっちゃった」と誰かが顔を突き出して“本日のマスカラ成果”を自慢しても、「どれどれ?」とこちらも思い切り顔を近づけて、長く見えるアングルをさがさないと、「ワー長い、パチパチパチ」とは言えない。本人が幸せなのだからそれでいいのだが、いつもここで“他人に見えないキレイの無力”を思ってしまうのである。 

あの世紀の名品、エレガンスのロングラッシュマスカラを開発した女性が、さらなる完全勝利をモノにしたくて、早くもロングラッシュの改良に着手しているのだが、何本もの“改良試作品”を試したうえでこう言った。「長さって、要は自己満足なのよね」

そう、そうなのだ。日本人はとかく“繊細な長さ”にこだわりがちだが、ヒョロヒョロした長さは10センチの距離に近づけた鏡の中なら、1ミリのびるたびに「オーッ」という感動を生むけれど、それはまさしく10センチの自己満足。他人の目には1ミリ2ミリ3ミリのびても、細すぎて見えないのである。そこで“長さ”で一世を風靡したマスカラ開発者は、決心するのだ。日本人受けのいい“繊細な長さ”への執拗なこだわりを捨てようと。その長さに“他人に見える太さ”を加え「ワー長い。可愛い。すごい」と、あくまで他人から言われるまつ毛を作ろうと。

この種の気づかぬ自己満足が、美容にはきわめて多い。自分はめちゃめちゃキレイなつもりでも、他人の目にはうつっていないという……。繰り返し言うが、もちろんそれで自分が幸せならばいいのだ。他人には見えなくても、自分がキレイになったという手応えが、女を輝かせることは充分にありうることで、無駄にはならない。

しかし問題は、自己満足の累積が、ヘタをすると“自意識過剰の女”をつくりかねないということにある。まつ毛もこーんなに長くなった。肌もこーんなにピッカピカ。髪も一本一本輝くようだし、私ってなーんてキレイなの? ほらこの服もこのバッグも、この靴だってブランドもの。私を見ない人がいましょうか? あら、あの人も私を見てる。この人も、まあ、あの人も……。そう思っていることが顔にありあり書いてあり、そのままの顔で、他人をチラッチラッと見ているような人は、悪いけれども、世の中少なくない。実際そういう人は、確かに全身きちんとしている。手ぬかりはない。たぶんそうとう手間をかけてきたんだろう。

そしてそういう人と目が合いがちなのは、本人が「どーお?」と人の目に披露しているから。ある程度は、それもいい。美容して、キレイになって、それを世間に披露するのは、美容の仕上げ。でも、人に自分を見なさいと強要すれば、たちまちキレイは逃げていくし、ましてそれが“自己満足にすぎないキレイ”だと、その人はたちまち“人付き合い”までうまくいかなくなってしまう。そういう意味で、“自己満足”の美容は、キレイになるうえでものすごく遠まわりだし、危険きわまりないのである。

物を10センチに近づけて見ると、ぼんやりしてハッキリ見えない。自分自身も近くで見すぎると、逆に本当の自分が見えなくなる。手相を近くで見すぎると、自分の運命が見えなくなるのと同じ。美容の第一歩は、己を知ること。ならば、毎日一度、自分を他人の目と同じ距離から見てほしい。キレイかどうかを決めるのは、結局、他人の目なのだから。

目を近づけすぎたら、見えるものも見えなくなる事実に早く気づこう

美容をしても恋愛しても、女はとかく自分か男で視野をいっぱいにしてしまいがち。近づきすぎるとピントがぼけて、“本当”が見えなくなるのは、まつ毛も自分も男も一緒。“他人の目のみが、自分の欠点をうつし出す”他人の目になりすます目をもとう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ