1. 10センチの自己満足~ワー、すごいキレイと思ってもそのキレイは他人には見えていない~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

10センチの自己満足~ワー、すごいキレイと思ってもそのキレイは他人には見えていない~

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

10センチの自己満足~ワー、すごいキレイと思ってもそのキレイは他人には見えていない~

「見て見て。こんなに長くなっちゃった」と誰かが顔を突き出して“本日のマスカラ成果”を自慢しても、「どれどれ?」とこちらも思い切り顔を近づけて、長く見えるアングルをさがさないと、「ワー長い、パチパチパチ」とは言えない。本人が幸せなのだからそれでいいのだが、いつもここで“他人に見えないキレイの無力”を思ってしまうのである。 

あの世紀の名品、エレガンスのロングラッシュマスカラを開発した女性が、さらなる完全勝利をモノにしたくて、早くもロングラッシュの改良に着手しているのだが、何本もの“改良試作品”を試したうえでこう言った。「長さって、要は自己満足なのよね」

そう、そうなのだ。日本人はとかく“繊細な長さ”にこだわりがちだが、ヒョロヒョロした長さは10センチの距離に近づけた鏡の中なら、1ミリのびるたびに「オーッ」という感動を生むけれど、それはまさしく10センチの自己満足。他人の目には1ミリ2ミリ3ミリのびても、細すぎて見えないのである。そこで“長さ”で一世を風靡したマスカラ開発者は、決心するのだ。日本人受けのいい“繊細な長さ”への執拗なこだわりを捨てようと。その長さに“他人に見える太さ”を加え「ワー長い。可愛い。すごい」と、あくまで他人から言われるまつ毛を作ろうと。

この種の気づかぬ自己満足が、美容にはきわめて多い。自分はめちゃめちゃキレイなつもりでも、他人の目にはうつっていないという……。繰り返し言うが、もちろんそれで自分が幸せならばいいのだ。他人には見えなくても、自分がキレイになったという手応えが、女を輝かせることは充分にありうることで、無駄にはならない。

  • 1
  • 2