1. 恋も時々、手元が狂う~"恋する女は美しい"と頑なに思い続けるのはもうやめよう。今、眩しいのは濃いをしてない美しさ。~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

恋も時々、手元が狂う~"恋する女は美しい"と頑なに思い続けるのはもうやめよう。今、眩しいのは濃いをしてない美しさ。~

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

恋も時々、手元が狂う~

“恋をすると女はみんなキレイになる”は本当だが、“恋をすると女はしばしば危なくなる”もまた事実。河村隆一クンの恋人の目が“恋をしすぎててコワイ”という話がいっとき話題になったけれども、あれに似た目を私たちは電車の中で時々目撃してしまう。電車の扉などにへばりつき、息をしてるかどうかが心配になるほど、二人して身じろぎなし。隣で人が死んでも気がつかないほど、お互いだけを見つめ続けて、瞬きなし。そんなカップルがむしろ最近増えていて、その女性のほうの目はだいたいイッてしまっている。恋も時々手元が狂い、女をキレイにしようとしすぎて、危ないカンジにしてしまうのだろう。そのカップルの隣で、二人を冷笑するでもなく無視するでもなく、恥ずかしそうに落ち着かない女性2人組がいた。彼女たちが妙にキレイに見えるのは何なのだろう。

20代そこそこで女がすり減ってるカンジの子が多いのはなんでなの?」「男と次々付き合いすぎたんじゃない?」「“ま、いいか、減るもんじゃなし……”ってあれ?」「でも、じつは減るらしい」「女が」「心も」。こんな会話を耳にした。節操なく男を渡り歩く女性は論外としても、いわゆる“恋多き女”を、うらやましく思う反面、気の毒になるのは、きっとすり減っているからなのだ。そういう意味で、この頃は新鮮なカンジのする女性を見ると、みんな“恋をしてない女性”に見えてしまう。今の恋は、忍んだり耐えたり抑えたりしない分だけ、すり減るのも早いのだろう。本人が気づかないうちに……。

  • 1
  • 2