ビューティニュース

SABON ヘッドスクラブで頭皮のディープクレンジング!冬のおこもりバスタイムが大充実[PR]

2021.01.19

SABON ヘッドスクラブで頭皮のディープクレンジング!冬のおこもりバスタイムが大充実

家にこもりがちな冬のおうち時間を充実させたいなら、決め手はバスタイム! 一度の使用で頭皮も気分もすっきり、プレミアムなお風呂時間を演出してくれる頭皮ケアアイテムを発見しました。死海の塩※1でディープクレンジングできるSABON ヘッドスクラブをレビューします。

SABON ヘッドスクラブで頭皮のディープクレンジング!冬のおこもりバスタイムが大充実

家にこもりがちな冬のおうち時間を充実させたいなら、決め手はバスタイム! 一度の使用で頭皮も気分もすっきり、プレミアムなお風呂時間を演出してくれる頭皮ケアアイテムを発見しました。死海の塩※1でディープクレンジングできるSABON ヘッドスクラブをレビューします。

ヘッドスパの「あの」心地よさを自宅で!

なんだか髪がまとまらない時、足が向くのがヘッドスパ。着衣のままで受けられる手軽な施術で、髪のベタつきやまとまりづらさはもちろん、肩こりや疲れ目、憂鬱な気分まで吹き飛ばしてくれるとあって、定期的に通ってしまいます。

とはいえ、寒さが厳しいこの時期、特に「不要不急の外出は避けて」なんて言われると、予約をためらってしまうのも事実。あの爽快感が恋しい、あぁ、ヘッドスパが家に来てくれたらいいのに……。

そんな悩みを抱えたタイミングで見つけたのが、自宅でヘッドスパ級のスカルプケアが叶う「SABON ヘッドスクラブ」。「自分でやるマッサージじゃ効果がイマイチ?」なんて思っていたら、ビックリ! 自宅でも「あの」爽快感が得られる優れものだったのです。

死海の塩※1のディープクレンジングに癒される

イスラエル発のナチュラルコスメブランド「SABON」は、ボディからフェイス、ヘアケアまで幅広いアイテムを展開。美容効果のあるミネラルをバランスよく含む死海の塩や上質なボタニカルオイルなどをブレンドしたコスメが、世界中で愛されています。

セム語で「石けん」を意味する「SABON」の名の通り、同ブランドが最も大切にしているのが、不要なものを「落とし、与える」美容。そのコンセプトをヘア&スカルプケアに応用して生まれたのが、「ヘッドスクラブ」です。

美と健康の塩湖としても知られる“死海”の塩※1が頭皮の汚れや毛穴の詰まりを取り除き、うるおいを与えるユチャオイル※2、乾燥ダメージから守るマルラオイル※3、輝きを与えるアビシニアンオイル※4の3種のボタニカルオイルが頭皮と髪を優しくコーティング。健やかな頭皮に保ちしなやかなさらつや髪へと導きます。

何より魅力なのは、豊かな香りと心地よい感触がくせになるその使用感。使うたびに頭皮が深呼吸するような快感が広がり、心までも癒されるのです。

一品でおこもり冬のバスタイムがプレミアムな時間に

「ヘッドスクラブ」の使い方は簡単。ブラッシングで汚れを取り除いた髪と頭皮をシャワーなどで濡らし、ひとすくいのヘッドスクラブを手の平にのせて水分を含ませながら軽く泡立てた後に頭皮全体をマッサージするだけです。ソルトベースの硬めのペーストなので、少しずつお湯でのばすようにしてなじませるのがポイント。

「グリーン・ローズ」と「デリケート・ジャスミン」の2種の香りがありますが、今回試したのは「グリーン・ローズ」。ローズ系の香りですがみずみずしく透き通るようなフレッシュな香りで、バスルームいっぱいにローズが咲いたような新鮮な香りを楽しめます。

華やかな香りに癒されながらマッサージを終え、2〜3分おいたら流します。流した直後は髪がキュッとした感じになり、自然の恵みで洗った感じがします。

通常のシャンプー&トリートメント後は、頭皮はすっきり、髪も驚くほどさらさらに。翌日まで続くさらさら感で、夕方のベタつきも気になりません。

自宅でもヘッドスパ級の心地よさと効果を実感できる「SABON ヘッドスクラブ グリーン・ローズ」。おうち美容をプレミアムな時間に変える、マストバイな一品です。

※1 海塩(洗浄補助・整肌)
※2 ユチャ種子油(保湿)
※3 スクレロカリアビレア種子油(保湿)
※4 クランベアビシニカ種子油(保湿)

SABON ヘッドスクラブ グリーン・ローズ

<発売中>
SABON ヘッドスクラブ グリーン・ローズ 300g ¥4400

提供/SABON Japan
0120・380・688
https://www.sabon.co.jp
https://www.sabon.co.jp/ecproduct/HeadScrub_GreenRose

取材・文/岡田幸子

Edited by VOCE編集部