1. 美容はそもそも後ろめたい?~”キレイになることへの遠慮”を科学する~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

美容はそもそも後ろめたい?~”キレイになることへの遠慮”を科学する~

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

美容はそもそも後ろめたい?~”キレイになることへの遠慮”を科学する~

たとえば女同士で旅行した時、メイクやスキンケアにあなたは平気でいつもと同じ手間と時間をかけられるだろうか。ここでいつもとまったくペースを変えずに、泥パックまで平ちゃらでできちゃう人は、この際置いておこう。でも多くの人は日頃やることの3割減、いや半分近くを省略したりしてるのじゃないだろうか。もちろん良識ある大人なら、みんながビールでも飲んでる時に、ひとり鏡にかぶりつくのもマズイだろうと思うわけだが、そういうことを差し引いても、女はやはりすごすごとお手入れを省略してしまう。美容は“後ろめたい”からなのだ。美容液を3本も4本もゴロゴロ言わせながら持ってきたのに、みんなの前では2本隠すみたいな。気づいていないかもしれないが、あなたもきっと後ろめたいのだ。『私はそれほどガムシャラにキレイになろうとはしてない女』と思われたいのだ。

美容することへの後ろめたさ。熱烈コスメフリークですら、心のどこかにそれを隠し持っている。アレがいいわよ、コレが効くのよと口では言いながら、友達の前でイザ美容となると、フリーク魂をひた隠す……何かに似てると思ったら、かの受験勉強。やっていても、やっていないように見せるアレである。別に相手を油断させようという邪悪さはないのだが、ガリガリやってる自分を見られるのは後ろめたかった。つまりこういうこと。あなただけじゃなく、みんな美容を隠している。“後ろめたさ”の感情がお部屋の中に充満してる。そんな中で、うっかり美容液3本並べて「さーて」なんて始めようものなら、「へえー、そんなに使うの?たいへんネー」などと大げさに驚いてみたりする人が、必ずひとりはいるもの。じつは自分も美容液3本持ってきているのにだ。自分が抑えてるのだから人がキレイになることもどこかで妨げようとする。別にいじわるなんじゃない。女には女同士、キレイになることをお互い牽制し合うという、いけない習性があるようなのだ。

  • 1
  • 2