1. カタカナ職業の憂うつ~新しいものは古くなる~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

カタカナ職業の憂うつ~新しいものは古くなる~

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

カタカナ職業の憂うつ~新しいものは古くなる~

「私、今こんなことをしているの」と差し出された名刺には、“セレモニーアドバイザー”と書いてある。数年前まで、秘書代行みたいなことをやっていた女性。何でも、手作り結婚式から法事、同窓会まで、“式”とか“会”と名のつくことなら、何でもご相談にのりますよという仕事を始めたらしい。以前なら、またそんな妙なことを・・・・・・と思ったかもしれないが、今はむしろ“やるじゃない。イケてるじゃない。その仕事”なんて思ってしまう。たぶんカタカナ職業が今、予想に反して新しい力をもったことの証である。

「フリーター」という言葉が生まれた頃から、カタカナ職業はステイタスでも何でもなくなったが、最近のカタカナは予想もしなかったエネルギーをもち始めた。介護支援専門家が“ケアマネージャー”と呼ばれ、いやし系足のケア専門家が“リフレクソロジスト”と呼ばれると、責任の重さや大変さが、“やりがい”や格好よさに見えるのはもちろんのこと、今や日本中が漢字で表現できない仕事であふれているように、カタカナ職業の強みは何と言っても“無限大”であること。トータルライフアドバイザーとかマナーインストラクター、イメージコンサルタントまで、感性と度胸があれば誰でもできそうな職業が、次々確立しつつある。とりわけ女の仕事の進化はすごい。