連載 齋藤薫の美容自身stage2

いい男の見分け方~じつは顔に書いてある。いい男かどうかの答えが~

公開日:2015.04.23

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

いい男の定義など、何を今更……と言うだろう。でもいい男の意味も変わりつつあるので今一度。例えば最近のマスコミねたに、“人生相談もの”が異様に多いのは、何もみんなが“人の不幸”という蜜を吸いたがる時代だからじゃなくて、ほとんど無意味とわかっていても誰かに聞いてほしくなるほど、変わった夫や困った男が増えているからではないのか。「ふつうの人でいいのにね」という女同士の会話がよく聞かれ、「でもその“ふつう”がなかなかいないのよ」という声もよく聞かれる。“ふつう”は今、案外価値あることなのだ。

そこでまず“ふつう”の見分け方だが、これはふつうの家庭でふつうに育ったことが何より大事。人格はほとんどが“育った環境”で決まるというが、“近所の子供”と遊ばず家で遊ぶ時代、その傾向は一層強くなっていると言っていい。一人息子より兄弟あり、長男より次男といった、ポジションによる良し悪しはあるものの、過度でない愛情を受けていることが望ましい。でもそんなこと聞かなきゃわからない。だから聞く。「どんなご家族?」この時、変にほめず逆にけなさず「ウチの家族?ふつうだよ」。これが大事なのである。

でも中には“ふつうの男”がダメで、多少とも“変”でないと満足できない人もいるはずだ。で、“ちょっと変ないい男”の見つけ方だが、私が思うに、どんな種類の変でもかまわないが、必ずクリアすべきは“ズルくないこと”。人として最低なのは“ズルい人間”とよく言われるが、いかに変でもズルくなければ救いはあると思うのだ。そしてその“変さ”が強い生命力につながっている男なら、“ふつう”の数倍いい男。山が好きで木こりになっちゃう変な男や無人島で画家を名のる変な男、もちろんビル・ゲイツさんのような“偉大な生命力”をもつ変な男なら最高だ。どっちにしろ、“変な男”は単純。複雑にして変な男は、もともと解読不可能なのでやめておく。しかし、ふつうも変なズルさも生命力も、一回二回で見抜くことなんて可能なのか。ここで大切なのは、見抜こうなんて大それた考えをもたないこと。もっと直感を信じるのだ。

日頃は霊感などなくたって、女は男に不思議なほどカンが働く。まったくの初対面、あなたは一体何を感じるだろう。職業や学歴などの条件を知るほどに鈍ってしまう直感、霊感。じつはそこに恐るべき真実が隠されている。「最初に“アレ?”と思ったことって、必ず当たる」という話は昔からあるが、次の瞬間忘れてしまうほどの“閃光”の如き一瞬の第一印象に、女はその男の正体をまざまざ見ているのである。美形かどうか、好みかどうかではない。その顔を見て目が合って何を感じるか。ふつうの男には「ホッ」とし、変な男には必ず「ドキッ」とする。「ギョッ」とするのは相当危なく、ズルい男には「アレ?」と思い、生命力ある男には「ハッ」とする。魂は顔に出ているのだ。女はメイクで隠せるが、男は魂を隠せない。だからそれを見逃してはダメ。最初の一瞬が、勝負である。

男の魂は体のどこかに見えている。だからなめるように見てしまおう

まずはやっぱり目。目が合ってギョッとする男は必ず何かある。目が男のギラつきを見せる男は、100%浮気する。視線が弱い男は見た通り生命力がない。顔だちを見る前に、ともかく目を見よう。ゆとりがあれば、時計のブランドをきっちり見るべし。時計は“ふつう”か“変”かはたまたただのバブリーかがひと目でわかる。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ