1. 喜ぶキレイ〜何にでも“喜ぶ女”は成長が早い!~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

喜ぶキレイ〜何にでも“喜ぶ女”は成長が早い!~

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

喜ぶキレイ〜何にでも“喜ぶ女”は成長が早い!~

“贈りものしがいのない女”または“ごちそうしがいのない女”。あなたはそう思われてはいないだろうか?何かしてあげても喜ばない女はカワイくない……こんな当たり前のこと、今さら大げさに訴えるつもりはない。しかし、“喜ぶ”という神経が麻痺しかかっている女性は、今とても多いという。人生、若いうちは喜ぶことがたくさんあるが、歳をとるにつれ自然に喜ぶチャンスは減っていくもの。今のうちに、脳の中の“喜ぶ装置”にネジをまいておかないと、本当にカワイくない女に成長しかねないので、どうか聞いてほしい。 

私の女友だちが何かにつけて話題にする“女性”がいる。何でもその女性は、記録的にもてるらしい。会った人の誰もが虜になり、本気になってしまう“妻子もち”もいるとかで、いわゆる性的魅力にあふれた女性。でも、私の女友だちは「もてる女はいいやねー」とむくれるのではなく、男たちのように彼女の魅力を興奮ぎみに話すのだ。理由は単純。その人は“うれしがり”なのだった。「一緒にご飯が食べられてうれしい」「ゆっくり話ができてうれしい」「あなたと会えて本当にうれしい」この3つの言葉をぜったいに欠かさないのだ。

私は1年前のある“待ち合わせ”をふと思い出す。仕事の打ち合わせが大幅にのびて、「ちょっとでも会おうよ」と約束した女友だちを2時間近く待たせ、見事にちょっとしか時間がない上に、行こうとした店も閉店。すえた臭いのする喫茶店でピザトーストなんかを食べるハメになった時、彼女は「会えただけでうれしいんだから」と本当にうれしそうな顔をした。しみじみ彼女を好きと思った。“会うことをうれしがる女”はある種の性的魅力をふりまくものなのだともこの時思った。

  • 1
  • 2