1. バスローブを買いなさい!!〜これがないと話にならない自分美容のキモ~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

バスローブを買いなさい!!〜これがないと話にならない自分美容のキモ~

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

バスローブを買いなさい!!〜これがないと話にならない自分美容のキモ~

英国貴族みたいな暮らしをしているお金持ちの家に、泊めていただいた時のこと。その家のご主人が夕食のあと、3回の“お召しかえ”をしたのを、私は今も忘れることができない。まず夕食の時に着ていたカシミアのセーターにアスコットタイを、「ちょっとだけお酒を飲もうよ」と言って出てきた時は、コットン素材のVネックのセーターに着がえていた。そして入浴。再登場したご主人は、ものすごく厚手の高そうなバスローブをはおってミネラルウォーターか何かを飲んでいて、軽いストレッチなどもして見せた。やがて、「今夜は楽しいから夜更かししちゃおうよ」と言って再び現れた時は、シルクのパジャマに今度は厚手のカシミアのローブを着込んでいて、手にはバックギャモンを持っていた。

この時思ったのは、家の中での暮らしの充実度は、この“お召しかえ”のあるなしで決まるということだった。帰宅してから、朝起きるまでずっと同じTシャツに短パン……今や、正式にパジャマを着る人さえ激減している世の中。でももし、家の中での生活を無駄なく質よくゴージャスに過ごしたいなら、家で何度か着がえをしよう。そして“最低でもこれだけは!”というのがバスローブである。例の英国貴族のようなご主人も、バスローブを着てるから、ついついヴィッテルなどのミネラルウォーターを飲み、ついつい軽いストレッチをしてしまった……かどうかはわからない。

でも、バスローブを着ている時間は、なぜか“体にいいことでもしてみたりしようかしら”なんて思うのだ。肌にサクサクッと心地よいタオルの感触のせいなのか、はたまた一枚はおった下は丸裸という解放感のせいなのか、ともかくバスローブを着ている時間は、体の中のヘルシー魂やら美容魂やらに、火がついてしまうのは確かなのだ。そもそも日本にボディケアが長い間定着しなかったのは、入浴後の時間があまりに貧しかったためと言われる。お風呂からあがったら即、パジャマ。これじゃあもう寝るしかない。しかしその間に“バスローブの時間”をつくると、自分の体に何か塗りたくなる。べたついたってヌルヌルだって、タオル地だから大丈夫……そういう生理的な安心感が、女をボディケアに走らせる。

  • 1
  • 2