1. "犬"的キレイのすすめ~犬は誰にもかなわない~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"犬"的キレイのすすめ~犬は誰にもかなわない~

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

無人島に、男がひとりに女がひとり、そして犬が一匹住んでいたとする。ふつうに考えれば犬のいる幸せなカップル……しかし実際にはこういう時、犬が立派に参加した“三角関係”となってしまうらしいのだ。

犬はあくまでも“愛の生き物”。愛を求め、愛を与える、それだけが生きがいの生命体である。無人島の男と女も、食べるものに困らなければ、やっぱり“愛だけが生きがいの生き物”と化す。よく、恋人とぎくしゃくしてきた時、「無人島に二人きりだったら、きっとうまくいくのに」なんて思うことがあるけれど、無人島とはたぶん、もっとも純粋な形の愛を営むところなのである。で、男と女と犬の“3人きり”なら、当然のように三角関係になっていく。そしてその時、女はだいたい犬に負ける。犬にはかなわないと思うのだ。

これとまったく同じ設定の「ひきしお」という映画があり、カトリーヌ・ドヌーブ扮する女は、マルチェロ・マストロヤンニ扮する男の愛をその愛犬と奪い合い、やがては自らが四つんばいになって、言葉を話さず、男の手をペロペロとなめる“犬”になる。最後は美貌も愛の言葉も役に立たず、犬に学んだ計算のないピュアな愛が勝つという、ちょっと奇妙なお話だったが、犬になったカトリーヌ・ドヌーブが、いつまでも頭にこびりつき、“女は最後に犬になれ”という、古臭くも斬新な教えを無視はできない自分がいた。