1. ケッペキな女の運命

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

ケッペキな女の運命

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

ケッペキな女の運命

ひとりのOLが悩んでいた。同僚との人間関係がうまくいかないと。いや、厳密に言うと、ケッペキ症の女性が同僚にいて、もう耐えられないと言うのである。人の使ったペンは触らない。人の座ったイスには温もりが消えるまで絶対に座らない。電車の中でも、体に触れられることを極端に嫌い、もちろんつり革には触らない……まあ、世の平均的なケッペキ症と言えるが、この同僚と行動を共にするうち、彼女はちょっと立ち直れぬくらい傷つくことになってしまう。自分自身がとても汚いもののように思えてきたからなのだ。

たとえば自分のものかもしれない髪の毛がハラリと落ちた時、ケッペキな女の運命ケッペキ症の同僚は大げさにイヤな顔をする。さらにこの同僚がケータイがつながらずに困っているから「私の使えば」と、自分のケータイを貸そうとすると、「えー、いいよ」と露骨に断った……などなど、彼女は同僚のケッペキの“餌食”となってしまったのである。

ケッペキ症になるのは本人の勝手。しかし、自分を清潔なものに仕立てあげるために、相手を汚いものにおとしめるのは問題。いちばん危険なのは、自分のまわりにいる親しい人間まで汚いものにしてしまう点である。