連載 齋藤薫の美容自身stage2

“いっそ死にたい”と思う日もある女の方がキレイを勝ちとる不思議について

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

なぜか最近、女優さんの“心情吐露”が流行ってる。特に、ワケありスキャンダルありで、マスコミと対立したりダンマリを決めこんできた人が、突然しゃべり出すような……。しかし、しゃべり出すのは“事の真相”ではなく、“離婚に至るまで、いかに苦しかったか”、“バッシングを受けていた時、いかに辛かったか”という、苦悩の真相。

そこで何が起こるかはわかるだろう。世間が一様にハッとするのだ。「ああ、この人も私たちと同じ、普通の人間だったのね!!」と。そして世間の女性たちは一様に、その人をなんだか少しいとおしく思う。同情とかではない。自分との共通点を見つけ、ホッとしたり、うれしかったりする。そして自分がその人を、本当は好きだったのではないかしら、などと思い出すのである。

「じつはあの時、自殺も考えました」……みたいなことを告白した元アナウンサーがいる。ブランドずくめだと言ってはたたかれ、誰かとあやしーと言ってはたたかれる、マスコミからのいわれなきバッシング。しかし本人はそんなもの、どこ吹く風とますます“お盛ん”に見えたから、世間は「あらまだ平気なのね」とばかりに、一層強めにたたき出す。単純に考えれば、“普通の人間”がそこまでたたかれたらへこむに決まっているのに、へこまない女性に対して、世間はひどく残酷になる。そしてなぜだか、その美貌までを「あれは本当のキレイじゃない」などと否定しはじめるのだ。それはたぶん、悩みのないストレスのない人間に対しての嫉妬。厚顔そうに見える女性を、女はいつも、素直にキレイとは認めないのである。

ところがどうだろう。「あの時、自殺も考えた」的な発言を耳にしたとたん、世間の“目”が変わる。“同じ人間”としての親近感と、弱っている女性に対しての慈愛みたいな気持ちが相まって、その人を、その人の美しさを、ともかく肯定してあげようという想いに切り替わっていく。人間の苦悩を共有するものとして、“ものさし”を歪めずにアンタはキレイ!と言ってあげられるゆとりが生まれるのだ。だからこその心情吐露。

ここで何が言いたいのか、わかるだろうか? 女は、美容に走っている時、“美容の神様”みたいなものがあるのか、ともかく何かに守られるようにして強くなる。キレイになるほど、こわいものなしになっていく。悩みも苦しみも、ないように錯覚してしまう。けれど美容の素晴らしさはキレイになること自体よりも、むしろそこにある。女を強くし、勢いづけて、苦悩をまぎらわせてくれる力。もちろん私たち女は、そこに力をもらいたい。でも、一気にキレイになったあと、ふと現実にもどると、悩みは元あった場所にそのまま残ってる。それどころかキレイになったのに、人生思うようにならない、幸せはやってこないとイラついたりもする。あーあもう生きてるのがやんなっちゃったと思うこともあるだろう。美容は“女の向上心の発露”だから、キレイになるのが好きな人ほど、その裏返しとしてじつは“死にたくなるような絶望感”におそわれることも多いのだ。

でも私は思う。“死にたくなるような心”がないと、女はダメ。キレイと幸せをただガムシャラにつかみ取ろうとする、悩みも苦しみもない強い女性を、世間の目は決してキレイとかうらやましいとか思わないからだ。むしろキレイにはなったけど、「私、これで良かったの?」と、力なく立ちどまっているような女性に対して、あなたはキレイ!と拍手を送れる、それが、世間の美意識というものなのだ。だから、キレイになりながらも“いっそ死にたい”と思う日があっていい。まっとうな人間なら、誰だって死にたい日はあるはずで、本当に死んではいけないが、“死にたい”と思う、ある意味で素直な心の持ち主だけが、結局は美しいと評価されるのだから。“キレイになること”は“生きようとすること”。死にたい日があるから、生きようと思い直す力が生まれる。だから鏡の前で、化粧も始められる。そうやって、キレイになっていく人を、世間はいちばんいとおしく思うのだから。

死にたいと思った時にするべき美容。単純な“いやし”よりも“血の気”を感じよ!

死にたいぐらい辛い時、私たちはだいたい「お風呂でも入って、自分をなぐさめよう」と思うもの。でも実際入ってみると、お湯のあたたかみが胸にしみ、自分をいやそうとしてあげている自分がいじらしく、痛々しく思えたりもするもの。お風呂という隔離された個室の中では、孤独感が増すからなのだろうか。よけいに涙がボロボロ出てきたりもする。だからただのお風呂に入ってはダメ。香りムンムンで、色も鮮やかな“花王のバブのローズ”みたいな、派手な桃色風呂に入ろう。その女っぽい匂いと色に包まれれば、まだまだ充分残っている、俗世間への“欲”がめらめらと湧きあがってきて、いいえ、私は幸せにならなくっちゃと思えるはず。

また、夜中だろうとメイクするっていうのも、よい方法。特に口紅やチークなどの“紅系ポイントメイク”が効く。人は血を見ると興奮すると言うけれど、女は自分の顔に“血の気”を感じると、ああ私は生きているんだと高揚し、“生命感”の美しさを思い知る。そもそも“血の気”は化粧の原点。血色は否応なしに女をキレイに見せる。だから夜の夜中でも女としての自信が甦るのである。

そういう意味からすれば、お風呂も“ぬるめ”より多少“あつめ”に短くを繰り返す入浴法で、自分をしみじみさせず、忙しくさせながら血行を高めて、湯上がりのピンクの顔に、自信を甦らせるに限るのである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ