1. 心に背く化粧が正しい。強がりや、幸せのふりをすることに化粧の意義あり

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

心に背く化粧が正しい。強がりや、幸せのふりをすることに化粧の意義あり

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

心に背く化粧が正しい。強がりや、幸せのふりをすることに化粧の意義あり

20代の頃、何もかもがイヤになって、ついでにメイクするのさえイヤになったことがある。素顔でお出かけなんてありえなかった自分が、人と会うというのに、まるっきりのスッピンで出かけた日。こういうのを皮肉な運命とでも言うのだろうか。学生時代に好きだった(軽く付き合っていた)人とバッタリ会ってしまう。しかも当時、失恋したばかりの私は、浅はかにもその“昔の彼”に連絡しそうになっていた。人間、淋しいと身勝手になったり、ずるくなったりするもの。あわよくば縒りをもどせれば……なんて思っていた。でも「なんか、用?」と、心に背く化粧が正しい。強がりや、幸せのふりをすることに化粧の意義あり氷のような第一声がもどってきたら、この弱っている時にたまらないと思い、電話を一日のばしにしていた頃……。それが逃げも隠れもできない電車の中、くすんだ肌とぼやけた目、唇アレなんかもあったスッピン顔で、運命の再会を果たしてしまうとは!!

「変わったねェ、わかんなかったよ」いきなりそう言われ、しまったと下を向く。それを彼は恐ろしく正直に「不幸そうだよ、おまえ」と言うのだった。不幸な女に“不幸そう”と言うのは、ハゲた男に“ハゲてますよ”と言うより酷である。私はその日以来、彼のことが頭をよぎるたびに、死ぬほど落ち込むという“条件反射”に陥っていた。けれど、不幸な女はどうあっても、不幸な顔で歩いちゃいけない。辛い女は何が何でも辛い顔で生きちゃいけないと思い知るのだ。そして私は、悩みがあったり辛かったりする時ほど、メイクをきっちりし、昔の彼にバッタリ会った時、ぜったい「幸せそうだな、おまえ」と言われよう。いや、あまりに幸せそうで、声も出ないくらいにしとかなきゃと思ったもの。けれど、そう心がけているうちに、私はスゴイことに気づくのだ。