1. なんでもっとキレイに生んでくれなかったの?と生みの親を時々は恨むくらいでないと女はまずい

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

なんでもっとキレイに生んでくれなかったの?と生みの親を時々は恨むくらいでないと女はまずい

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

なんでもっとキレイに生んでくれなかったの?と生みの親を時々は恨むくらいでないと女はまずい

母親は美人なのに、自分は似なかった・・・・・・それは女の子にとても深い、闇のようなコンプレックスを与える。「私、なんでママに似てないの?」何かにつけてそう聞く小さな娘に「それはね、あなたに対するパパの愛情がすごくって、ママが負けちゃったのよ」とか「小さい時にパパに似てる方が、大きくなったら美人になれるのよ」などと返せる母親をもてば、女の子も幸せだが、「ほんとになんで私に似なかったのかしら」と言っちゃう母親をもつと、女の子は必ず屈折する。しかし、そういう女の子ほど、早くから美に対する執念を目覚めさせるから、ハッとするような押し出しの強い美人に成長するケースも多いという。どちらにしても、女のキレイは、母親との美の関係式の中で育まれていくものなのである。

ひょっとしてあなたも小さい頃「なんでもっとキレイに生んでくれなかったの?」と母親に詰めよったことがあるかもしれない。少女の頃は誰でも一度は、そういう想いに駆られたりするものだ。でもじつはその一言が、母親の眠っていた使命感をゆり起こすことになる。女は“もし自分に子供ができたら・・・・・・”と想像する時、まず望んでしまうのは“元気な子”より“可愛い子”。しかしイザ生まれてみると、どんな子でも可愛い。可愛い可愛いで育てるから、子供自身に“可愛くなりたい”という願望があるのに気づかない。けれどその一言で我に返り、母親の重い責任と娘をキレイに育てあげる喜びに目覚めるのだ。娘のキレイは母と娘の共同製作。母こそが心から娘のキレイを望んでいることを娘は忘れてはいけないのだ。