1. "先天性の美人"より"後天性の美人"のほうがより美人である事実について あるいは"後天性ブス"の恐怖について

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"先天性の美人"より"後天性の美人"のほうがより美人である事実について あるいは"後天性ブス"の恐怖について

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

子供の時からチヤホヤされ、大人になっても順当にチヤホヤされつづける“先天性美人”。一方、子供の頃はパッとしなかったのに、大人になって急にパッとした“後天性美人”・・・・・・さて、どちらが得だろう。得か損かと言ったら、そりゃあ人より長くチヤホヤされる先天性の方が得だけど、三つ子の魂百まで・・・・・・で、一度知った快楽を人はなかなか忘れられず、チヤホヤされつづけるためだけにキレイを死守してしまうケースも多く、キレイに生まれて良かったネとはならない、わりに過酷な人生を歩まされるのだ。それに比べて後天性の美人は“運命は自分で切り開くもの”という自信と勇気をひとつずつ手に入れる。その分だけお得というわけ。

けれど、“後天性の美人”にもじつは2種類ある。“先天性の美人”より“後天性の美人”のほうがより美人である事実についてあるいは“後天性ブス”の恐怖についてそもそもなぜ、子供の頃は冴えなくても、将来美人になれるのか?まず、“子供らしくない老け顔”だった場合。いいものは持ってるのに親も自分もそれに気づかず過ごしてしまう自覚のないタイプ。この人たちは化粧を始めたとたん一度30歳くらいまで老けてしまうのが特徴だが、おっといけないとメイクがこなれていくにつれ「こんなに美人だったんだ!?」と周囲を驚かすことができる。そしてこういう後天的美人は、同じ顔だちなのに、キレイと言われたり、言われなかったりする“キレイの不条理”を、すでに身をもって体験しているから、美人になった現実を、わりに淡々と受け入れて、無理のない美人の人生を送っていく。