1. 恋をしてない女は心が便秘 恋が下手な女は心がアトピーになりやすい

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

恋をしてない女は心が便秘 恋が下手な女は心がアトピーになりやすい

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

恋をしてない女は心が便秘 恋が下手な女は心がアトピーになりやすい

「最大の幸せとは、相手を愛した後で、その愛を告白することである」なんて哲学者の言葉があるが、なるほどこれは真理かもしれない。キムタク主演のドラマがすべて高視聴率を取るんじゃない。「ハイ、じゃあ今日からボクたち恋人!」となかなかならなくて、好きなのに近づいたり離れたりしてイラつかせるキムタクだけが、決まって高視聴率を取っていることを忘れちゃいけない。人間、いちばん心が忙しいのは、好きだけど、まだちゃんとはつきあっていない曖昧な時期。“毎晩彼女と一緒”のキムタクなんか、別に見たくないもんね。でも、今どきの恋愛は、そういうまどろっこしいことはいちいちやらずに、さっさと始めちゃうから、心がどんどん鈍くなる。まして恋愛自体を面倒がると、一見静かな平和が続くように感じるものだが、じつは知らないうちに心に宿便がたまったような状態になりがちなのだ。

恋愛ってのは“自分がどんな女であるか?”の答えを、彼と一緒に見つけ出していく作業であると私は思う。“動物占い”や“家具占い”が流行るのも、自分の未来とか運命とかはさておき、“自分が誰か?”の自分さがしとともに、他人に自分の内面を語ってもらうのが、人間にとって唯一無二の快感だからに他ならない。「私はヒツジなの」と言ったら周囲は何と言うか。「わかる、あんたってさびしがり屋だもん」と言うのか「ウソ、あんたって他人のことよりまず自分じゃん」と言うのか。どちらにしても、何だか快感。つまり恋愛は、これを彼と二人で、毎日のように集中的になっているおつきあいだと考えていい。「○○子ってこういうとこあるよね」「そうかな、私ってそういう子?」なんて会話は、本格的につきあう前と、つきあい始めにもっともよく交わされ、それが恋愛における喜びのひとつなのは確かなのだ。