1. 強い女だけが勝つオフィスの弱肉強食を巧みに乗りきるエライ女の話

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

強い女だけが勝つオフィスの弱肉強食を巧みに乗りきるエライ女の話

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

強い女だけが勝つオフィスの弱肉強食を巧みに乗りきるエライ女の話

今の20代の女性に“いちばんの悩みは?”とたずねると、8割が仕事上の人間関係をあげてくる。学生の時みたいに相手を選べない。恋人同士みたいに、イヤだから別れましょ、とはいかない。友達みたいに、会いたい時だけ会うってわけにもいかない……言うならば三重苦にしばられた人付き合い。これが全編うまく行く人は、相当にラッキーか、本人が仏のような人。みんな何らか、仕事場での“心のぶつかり合い”に胸を痛めているものなのだ。

けれど、幸か不幸か、オフィスの人間関係はじつに単純だ。強いものが勝ち、弱いものが負ける。たとえ人として間違っていても、強けりゃ勝つのである。まして、よほど非常識だったり無能だったりしない限り、強いものは“政治力”でどんどん勢力を拡大し、そのエリアの法律さえ作ってしまいかねない。だから、面倒ならばいっそ強いものに巻かれてしまう方が楽なのだ。

ただし、オフィスにおける“強さ”の決め手は2つ。“悪口”と“干渉”であり、“弱いもの”は多くの場合、その二者択一を迫られる。つまり、グループの外で悪口を言われるか、グループの中で干渉を受けるかの究極の選択。

あるOLは、自分が悪口を言われるのを恐れて、何となく強いものに吸い寄せられていく。人の悪口を言ったら、仲間入りできた。「その服どこの?いくら?」「昨晩どこ行ったの?誰と会ったの?」みたいな干渉を受けるのは耐えられたが、辛いのはみんなと一緒に誰かの悪口を言わなきゃならないことだった。良心がとがめる、というよりは自分の性格が歪んでいくのがイヤだった。けれど、一度その渦の中で悪口を聞いたり、不本意ながらも悪口を口にしてしまうと、無性にコワくなる。そこにいないことが前よりもっとコワくなる。何だかひどく居心地も夢見も悪く、なぜこうなってしまうんだろうと考えた。そこで彼女は気づくのだ。