連載 齋藤薫の美容自身stage2

強い女だけが勝つオフィスの弱肉強食を巧みに乗りきるエライ女の話

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

今の20代の女性に“いちばんの悩みは?”とたずねると、8割が仕事上の人間関係をあげてくる。学生の時みたいに相手を選べない。恋人同士みたいに、イヤだから別れましょ、とはいかない。友達みたいに、会いたい時だけ会うってわけにもいかない……言うならば三重苦にしばられた人付き合い。これが全編うまく行く人は、相当にラッキーか、本人が仏のような人。みんな何らか、仕事場での“心のぶつかり合い”に胸を痛めているものなのだ。

けれど、幸か不幸か、オフィスの人間関係はじつに単純だ。強いものが勝ち、弱いものが負ける。たとえ人として間違っていても、強けりゃ勝つのである。まして、よほど非常識だったり無能だったりしない限り、強いものは“政治力”でどんどん勢力を拡大し、そのエリアの法律さえ作ってしまいかねない。だから、面倒ならばいっそ強いものに巻かれてしまう方が楽なのだ。

ただし、オフィスにおける“強さ”の決め手は2つ。“悪口”と“干渉”であり、“弱いもの”は多くの場合、その二者択一を迫られる。つまり、グループの外で悪口を言われるか、グループの中で干渉を受けるかの究極の選択。

あるOLは、自分が悪口を言われるのを恐れて、何となく強いものに吸い寄せられていく。人の悪口を言ったら、仲間入りできた。「その服どこの?いくら?」「昨晩どこ行ったの?誰と会ったの?」みたいな干渉を受けるのは耐えられたが、辛いのはみんなと一緒に誰かの悪口を言わなきゃならないことだった。良心がとがめる、というよりは自分の性格が歪んでいくのがイヤだった。けれど、一度その渦の中で悪口を聞いたり、不本意ながらも悪口を口にしてしまうと、無性にコワくなる。そこにいないことが前よりもっとコワくなる。何だかひどく居心地も夢見も悪く、なぜこうなってしまうんだろうと考えた。そこで彼女は気づくのだ。

オフィスで群れとなる“強い人たち”、しかし本当は強いんじゃなく、コワイのだということ。コワくてコワくて仕方がないのだということ。自分が悪口を言われないために誰かの悪口を言う。それは自己防衛に他ならない。だから気の小さいもの同士、固まっていくわけだ。もともと悪口には、人と人との結束を強める力がある。オフィスの“仲良し”が、悪口仲間になりやすいのはそのためで、そこから悪口を取ったら、たちまち話すことがなくなる友人関係はけっこう多いのである。彼女のオフィスの“強い人々”も、じつはコワイから固まっていた。なーんだ、みんなみんなコワイだけなんじゃないの? と彼女は思う。でもなぜ、お互いを干渉し合うの?たぶんコワがりたちは、その輪の外へ出るのがコワイから、どうしたって視野が狭くなり、至近距離しか見えなくなっているから、すぐそばの仲間にいらんことまで言うようになるのだろう。“私たち、お互い何でも知っているお友達よね”という確認の意味もあるのかもしれない。

いずれにしても、同年代の女性がたくさんいるオフィスは、誰もが何かしらを恐れている。そして、一番コワがりで、本当は一番気が小さいのが、ここで言う“強い女”だったりするものなのだ。自分よりもっとコワがっている人々がいるのなら、私はむしろ強いんじゃないの? 彼女はそう思い、少し楽になる。そう思うと一層、別に何もコワくなくなる。一緒になって悪口を言う必要がなくなった彼女は、急に目の前が開けたような気がしたという。後ろめたさがない清々しさと、視野が一気に広がったせいだろう。“明らかに変わってしまった彼女”は、もちろん新しい悪口の標的になっていたはず。でも聞こえない悪口は、冷静になって考えれば少しも自分を脅かすものではなく、コワがりたちの震えと思えば、楽だった。

オフィスにおける“強さ”とは、たったひとつ、人の悪口を言わないことに尽きるのかもしれない。だんだんそう思えてきた彼女は、悪口を言わないことに、逆に力を注ぐようになる。言われても言わない。誰がほめてくれるわけじゃないが、彼女はけっこう努力した。ところがそんな時、人事異動があり、なんと“一番コワがりの一番強い女”があっけなく異動していく。するとどうだろう。例のグループから悪口がピタッと消えた。じつはみんな、言いたくはなかったのだ。気がつけばみんな気のいい善人たち。あれほど魑魅魍魎に思えた課内が、すっかり浄化されていた。やがてその中のひとりが彼女にこう言う。「あなたエライ、人の悪口言わないもの」しかもかの面々に彼女はけっこう尊敬されていたことも知ったのだ。悪口を言わない、たったそれだけでエライOLになってしまう……それがオフィスという世界なのである。

ちなみに彼女は、オフィスでは決して口にしなくなった悪口を、遠い所でちゃんと吐き出していた。オフィスの人間の悪口は、そこと縁もゆかりもない友人及び恋人及び親に言う。彼女も仏さまじゃない。ウサ晴らしは必要だった。それでいいんじゃないかと思う。

本誌『齋藤薫組マーケティング』に、自分の会社の“困った人”についてのメールを何通ももらった。でもそのほとんどが「こういう悪口を言う自分もイヤですけど……」みたいなひと言つきだった。遠くで言う悪口は悪くない。ちゃんと気がとがめる悪口を、遠くで言える人がエライのだ。

キレイになる悪口、キタナくなる悪口。悪口の種類によって女は人相が変わる

言いたくて、言えなくて、ずっとムズムズしていた悪口が、偶然別の人の口から飛びだした時の喜び。これは人間の快感の4番目くらいには入るもの。誰だって「そーそーそーなのよ」と身を大きく乗り出すだろう。この時もし、誰が見ても間違っている人に対する、出るべくして出てきた正義の悪口なら、ここぞとばかり言っちゃっていいのだと思う。ここで尚、善人ぶったり「悪口はよくないわ」なんて返すのは、少しも美しくない。ガマンの末の悪口なら一回は美しいもの。でも、それがレクリエーションになっちゃって、同僚とお茶を飲むたびその話を持ち出すと、回数を重ねる分だけ女はブスになる。1回目は問題提起、2回目は自分たちなりの解決策。3回目はオマケ。……都合3回までの悪口はセーフだが、4回目からは危ない。

いずれにせよ、出口のない、誰かと話し合っても何の改善もない、誰も救われない悪口は、言うだけ損。嫌悪や妬みや中傷のみの悪口だと一回口にするだけでも、女の人相を悪くする。たぶん肌の透明感を減らし、口もとの歪みを増やす。 カフェでお茶を飲んでいる女同士の会話は、声が聞こえなくても内容がわかると言った人がいたが、確かにわかる。美しい悪口か醜い悪口かだけは、それぞれの顔にハッキリ出ているものなんである。言わぬが花、でも言うのならせめて花の咲く悪口を言おう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ