1. 会社に行きたくない? ほぼ全員がかかっている朝の通勤不快症候群につけるお薬

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

会社に行きたくない? ほぼ全員がかかっている朝の通勤不快症候群につけるお薬

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

会社に行きたくない? ほぼ全員がかかっている朝の通勤不快症候群につけるお薬

会社について、ひと仕事してしまえば、どうということもないのだけれど、朝起きてから会社の席につくまでの憂うつ……。それは、毎日でも死にたくなるほど深刻なのではないだろうか? 最初に言っておくが、それはあなただけじゃない。私もそう、みんなそう。会社に行くのがうれしくて仕方がないのは、会社に好きな人がいて、でも会社でしか会えない、片思いか未告白の中途半端な場合だけ。働くこと自体は楽しくても、決められた時間に働きに出かけることは、健康な人である限り、うれしいわけがないのである。なのに多くの人は、会社に行くのが憂うつ=仕事がイヤと思いがち。それを更にふくらませ、人生思うようにならない、私は恵まれてない、私は不幸……と、勝手に思い込む人も少なくない。ほぼ全員が感じてる“朝の不快”を“私は不幸”と決めつけるまで発展させるなど、バカげてる。でも“通勤不快”を取りのぞいただけで、“私は幸せ”と思えるなら、それはそれで有り難い。

さて、毎朝なぜ死にたくなるか? そこから見直してみると、恐ろしいことに気づいてしまう。まず、ひとりでに目が覚めるのではなく無理に起きたり起こされることで、人は必ず怒りを感じる。それが寝坊でもすれば、もっと激しい怒りと絶望感を感じる。そもそも多くの人が準備の時間を“最低限”しか取っていないから、いくらメイクが好きな人でも、お弁当づくりが趣味な人でも、“制限時間”が決まっている場合は楽しさ激減。苦痛しか感じない。今日は早々うまくできたわっと思う日でさえ、じつは苦痛がわずかに和らぐだけで、プレッシャーはなお続く。加えて今日は何を着ていくか?も限られた時間の中では、オシャレな人ほどストレスを感じる。とまあ、家を出る前に、これだけの怒りと絶望感と苦痛とストレスという、心と体に最悪なものを小一時間で濃縮させる朝……それが体験的にわかっているから、朝起きるのがイヤ、死ぬほど憂うつになるのである。