1. 私って、会社と家の往復してるだけ……。 午後6時の悩みにつけるお薬

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

私って、会社と家の往復してるだけ……。 午後6時の悩みにつけるお薬

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

私って、会社と家の往復してるだけ……。 午後6時の悩みにつけるお薬

さて次は、OLの悩み日中編。午後5時か6時、基本的な就業時間が終わる頃になると、そりゃあもう悲喜こもごも。これからデートの人あり、残業の人あり、何にもない人あり……。じつはこの瞬間に、仕事が終わってヤッターと思えるのか、激しい虚無感に襲われるのかで、OL人生の明暗が分けられる。もしもこの瞬間に、何らかの不安や焦りがあるようなら聞いてほしい。たぶんあなたは今の仕事にも、今の生活にも満足していないし、自分の将来も不安なのだろう。私って、会社と家の往復してるだけ・・・・・・午後6時の悩みにつけるお薬私、ホントにこれでいいの?何か他にやることないの?これじゃあ会社と家の往復、私の人生こんなもん?そういう疑問は仕事が終わった時に、ワッとやってくる。“約束”のある同僚のイソイソ感や、他にやることのある同僚の、仕事が終わったセイセイ感などが、無言で人を傷つけるものなのだ。けれど、会社と家との往復と言ったって、仕事が忙しい人は全員そう。それを“ただの往復”と思ってしまうのは、たぶん力が余ってる人。今すぐ何かをすべき人なのだ。

今、会社帰りに図書館に寄るOL、大学の社会人コースに通うOLが増えているという。思えば私も26~27歳の頃、ガラにもなく無性に勉強したいと思ったもの。そして、人が本気で勉強したくなるのは、むしろ社会に出て数年してから。勉強が面白いと思えるのは、社会を体験してからだ!!と確信した。20歳そこそこで、勉強がいかに大切かなんて、よほど優秀なデキた子じゃない限りわかりっこないとも。だからOLが学校や図書館に戻っていく気持ち、ものすごくよくわかる。毎日が“往復”にしか思えない人が、今勉強を始めるのは大賛成。けれど、“勉強して何するの?”と考え始めるとまた辛い。勉強をそっくり仕事に生かせるのは、学者と弁護士、医者くらい。むしろ大人の勉強は直接“金”にはならないものと割り切るべきなのだ。じゃあ何のための勉強?