連載 齋藤薫の美容自身stage2

自分の性格が嫌い?でも平気 性格はきっと変えられる!!

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

今ここで、あなたの“大好きな人”の顔を思い浮かべてみてほしい。同性でも異性でもいい。「愛してる」とか「恋してる」とか「気になる」とかではなく、人として素直に「大好き」と言える相手を。たぶんその人はあなたにとって“理想の性格”の持ち主であるからなのだ。

自分の性格こそ理想。私って、なんてイイ人なの!?なんて素晴らしい子なの!?そう思える人は相当に幸せか、相当におめでたい。大昔から“偉人”はみんな自分の罪深さや愚かさを恥じながら生きてきた。ある意味、自分を恥じることができないと人は成長しないから“自分の性格が気に入らない”っていうのは、じつのところとっても価値あることなのだ。 

そもそも今の日本、ニュースにチャンネルを合わせれば、聞いたこともない種類の凶悪犯罪カウントダウンを見せられるわけだけれども、その若き犯人たちはだいたい「自分以外はみんなバカ」って思ってる。自分の人間性に多少のギモンがないと、犯罪を犯さないまでも、「自分以外はみんなバカ」と思いがち。すると毎日毎日怒ってばっかりいなきゃならないから、かえって辛い。私って、なんかどっかが間違ってるんだよなあ……と天を見上げる人に、じつは正しさがあるわけだ。そして“本当は人間こうあるべき”という見本みたいな第三者を、“大好きな人”として、心の中に住まわせている……それで充分なんだと思う。でももし、本気で“性格改善”を望むなら、聞いてほしい。「私ってね、二重人格なのよ」と言った女性のお話。

オフィスでは一応“いい人”の部類に入ってる。自分でも“他の同僚”に比べれば人間デキてると思ってる。けれど、入ったお店でカンジ悪い店員などに当たると、とたんに性格が破綻する。「あんた、聞こえてんなら返事くらいしなさいよ」と、くってかかった過去は一度や二度じゃない。サービス業がサービス悪くてどーすんだーという大義名分のもと、ふてくされ顔の店員をいたぶる習性があったのだ。じつはそっちのキレやすい人格が最近は会社や友人関係でも不意に顔を出しそうになったりする。そんな自分の性格を、どうしたものかと思ってるというのである。さて彼女は性格改善するべきなのか?改善なんてできるのか?

まず、多くの人が“それ私みたい”と思ったはずだ。一応の常識があり、一応オトナだから、オフィスでは何があろうと一応抑制をきかせてる。でもじつは気が強くて短気。ちょっとだけ意地悪なところもあるから、一度火がつくと自分じゃないみたい。ただ、気が強いことを多くの人に悟られていないのも、じつは反面とても小心ものだから。“イイ人”にしてた方が、自分が傷つかないですむという無意識の計算が働いている。つまり“イイ人”っていうのは、対人関係用の自分。多少の賢さだけでそれをコントロールしていることを、自分でもうすうす気づいてる……じつは、あなたもそうなんじゃないだろうか?

“気が強いからこそ傷つきたくない小心者”。こういう人が平均的な“イイ人”として認知されているのが、即ち人間社会なんだと思う。たぶんあなたが“大好きな人”も、きっとこのタイプ。日頃、穏やかそうに見える人ほど、どっか遠くでキレてることが多いらしい。ただ、その人の方が少しばかり傷つくことを恐れていないか、呑気か大胆か上品かだけのこと。本質はたぶん一緒であり、あなたも基本的には、今のままの方が世渡りしやすいのだ。

でももっと“イイ性格”になりたいと言うのなら、方法はある。こういうタイプはだいたい“イイ性格”の人の前でよりイイ人に、“悪い性格”の人間と出くわすと人が変わったようにイヤな性格になれてしまう。二重人格というよりは、相手の性格によってどっちにもなれるニュートラルな性格と言ってもいい。つまり、性格は人から人へ、乗り移るのである。

優しさに包まれて育てられれば優しくなり、粗っぽく育てられれば、粗っぽくなるのが人間。生まれ持ったものもあるだろうし、10代のうちにほぼ固まる人格はそう簡単に変わるものじゃない。でも逆に、大人になってバランスが取れてきて、柔軟にもなってくれば、環境によって相手によって、性格は意外にも再び形を変え始めるのである。正義感とか尊敬とか遠慮とか、大人としての感情が一気に芽吹いてくる20代で、たぶんもう一度“人格形成”が行われるのだろう。10代までにできあがった人格に、社会に出てからの後天的な人格がかぶさる格好。これをかぶせるのが、関わる人間、付き合う人間、今生きている環境なのである。

だから“いい人格”と付き合うことが、“いい性格”をかぶせる絶対条件。一日中文句ばっかり言ってるような友人がいれば、文句ばっかり言ってる性格がかぶさるし、人に優しく清潔な友人と付き合えば、自然と優しく清潔な人間へと浄化されていく。だからもし、“イイ性格”の女になりたいと思うなら、お茶したり、お昼食べたり、買い物したり、そういう何気ない日常を一緒に過ごす“何となく仲良し”の相手を、厳しく選ぶべきなのだ。まず、言葉づかいが乗り移り、物の見方が乗り移り、やがて性格までが乗り移る。面白いくらい乗り移る。だから、選ぶべきなのだ。

人間には、もともと3種類しかいない。好かれる人間と、嫌われる人間と、好かれも嫌われもしない、関心を持たれない人間と。一度きりの人生なら、好かれて生きたい。だから“大好きな人”とお茶を飲み、ご飯を食べよう。それだけでいい。

けれど30代を過ぎないと、自分の本当の“性格”は見えてこない?

「自分の性格が嫌い」と思うのは、たぶん人を傷つけてしまった時で、自分が傷つけられた時ではないだろう。自分には、こんな意地悪でイヤな面があったのか……そういう発見は、むしろ大人になって社会に出てからするもので、自分の性格のすべてをくまなくわかってる20代など、本当はいやしないのである。

というのも、本当の恋愛しないと表面に出てこない性格っていうのが、女にはいろいろあり、まして相手の男が変われば、その都度“新しい性格”が出てきちゃって、恋愛たけなわの20代は、だから自分がいよいよわからなくなるんである。

経験上、知らなかった性格が出尽くすのは、30をだいぶ過ぎてから。30年出なかったのに、ある日突然出てきちゃったりするあたり、人の性格は“花粉症”とか“アレルギー”みたい。だから20代のうちは、各種“占い”で、“私は誰?”と探しまくる間にも別の性格が乗り移る上に、眠ってる性格が突然飛び起きたりする。でもだからこそ、20代のうちは、性格なんて自由自在、嫌いなら変えちゃえばいい。そう、たぶん“女の性格”は、もともと“女”になってから自分の手で作るものなのだ。顔ばっかりいじっていられない。美容が女をいくらでも変えられるように、性格だって、その気になればいくらでも美容できる。何かそう考えると元気出てこない?人生も運命も変えられる。これからだわって。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ