メイク動画連載George365

クリスマス直前!彼との距離がグッと近く、真冬の「モテ顔」メイクまとめ

2020.12.11

毎週金曜20:00更新のVOCE大人気連載『Geroge365』。今月は、今まで「ツヤ肌」、「今っぽチーク」、「トレンド目もとの作り方」などなど、様々なテーマでお届けしていたGerogeさんのスゴ技の数々を振り返り! ぜひこの機会に復習ください♡ 今週は話題の韓国コスメの効果的な使い方をまとめてお届けします!

毎週金曜20:00更新のVOCE大人気連載『Geroge365』。今月は、今まで「ツヤ肌」、「今っぽチーク」、「トレンド目もとの作り方」などなど、様々なテーマでお届けしていたGerogeさんのスゴ技の数々を振り返り! ぜひこの機会に復習ください♡ 今週は話題の韓国コスメの効果的な使い方をまとめてお届けします!

今週のテーマは「モテ顔」

教えてくれたのは…
Georgeさん

ヘア&メイクアップアーティスト

Georgeさん

美人モテメイクのほか、おしゃれさと可愛さを兼ね備えたメイクが評判。現在は人気女性雑誌『VOCE』『with』『ViVi』で大活躍中です。 韓国コスメにも詳しく、インスタライブも積極的に配信中です。
インスタアカウント:@george828
韓国コスメインスタ@george__beauty

「モテ顔」のキモ! “ふんわり眉”の作り方

デートメイクで眉!? と思う人もいるかもしれませんが、眉はアイシャドウやリップよりも印象を左右するといっても過言じゃないくらい、顔の印象をつくるうえでとても重要なパーツです。今回はデートメイクということで、ふんわり甘い印象に仕上げてみました。ポイントは、眉マスカラ→眉パウダーの順に使うこと。

こうして基本とは逆の順序でメイクすることで、ふわふわっとした柔らかな印象になるんです。特に自眉が濃い人や眉の毛質が硬めの人に試してほしいテクですね。眉の描き方を変えるだけで顔全体の印象がガラッと変わるので、ぜひこのテクを覚えて、眉メイクの引き出しを増やしてください!

動画はこちら!

この記事をくわしくチェック!
「モテ顔」を作るふんわり眉の描き方【George365】vol.30

甘さ&透明感を引き出す最新ピンク目元

ピンクメイクはデートメイクの王道ですよね。でも、ただ甘ければいいというわけじゃなくて、モテにはおしゃれ感や清潔感もマストです。そのためには、ベースにハイライトカラーのリキッドシャドウを仕込んで今っぽさを引き出すことと、隠し味的にパープルを使って目元の透明感をUPすることの2つが大事。甘さ、おしゃれ感、清潔感が揃って初めて、相手からの印象はもちろん自分の気分も高まる、ハッピーオーラのあるピンクメイクが完成します。また、合わせるチーク&リップは、同系のピンクよりも、赤紫色で透け感のあるカラーの方が、大人っぽい洗練された印象になるのでオススメです。

動画はこちら!

この記事をくわしくチェック!
甘さ&透明感を引き出す最新ピンクメイク【George365】 vol.31

すべすべ血色ほっぺをつくるチークの2色使いテク

モテチークとして目指したいのは、赤ちゃんみたいにすべすべでぽわっとした血色のあるほっぺ。それを叶えてくれるのが、マットな青みピンク×ツヤ感のあるコーラルの2色使いです。まず、マットな青みピンクを、フェイスパウダー感覚で頬に広くのせて肌をトーンアップしてから、パール入りコーラルをやや低めの位置に小さくちょんちょんとオン。こうすることでチークに奥行きが生まれて、透明感のあるすべすべした肌にぽわっと赤みがさしたような、愛らしいチークに仕上がるんです。

動画はこちら!

この記事をくわしくチェック!
すべすべ血色ほっぺをつくるチークの2色使いテク【George365】vol.32

ふんわり感が決め手の大人系モテリップテク

デートリップというとピンクを選びがちですが、それだと甘くなりすぎて “狙いすぎ”な印象に。大人のモテリップにはもう少し赤みに寄った“赤ピンク”がおすすめで、赤みによりほどよく色っぽさが出ると同時に、メイク全体を引き締めて見せてくれる効果も狙えます。ただ、赤みリップは、きっちり塗ると強く見えてしまうことがあるので要注意。リップを塗る前にフェイスパウダーを仕込んでおけば、ハイライト効果でアウトラインがぼけてふんわりとしたゆるみが生まれ、赤みリップのモテ度が上がります!

動画はこちら!

この記事をくわしくチェック!
ふんわり感が決め手の大人系モテリップテク【George365】vol.33

いかがでしょうか? ぜひGerogeさん伝授の、可愛くて女っぽい最強「モテ顔」の作り方を真似して、今年のクリスマスは、素敵な恋を手に入れてください。

撮影・動画/前原哲也 撮影/田中雅也(TRON) ヘア&メイク/George モデル/甲斐マリカ スタイリング/柾木愛乃 取材・文/宮下弘江 動画編集/森京子

Edited by 沈 晨棟