1. "結婚したい女"へのオマージュ あなたこそ実はいい女!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"結婚したい女"へのオマージュ あなたこそ実はいい女!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


以前は“結婚したくない女”が「まだまだやりたいことがあるし、結婚が女の幸せじゃないわ」と言ったが、今は“結婚したい女”が「まだまだやりたいことがあるし、早く結婚して足固めしなきゃ」という。どっちが前向きで建設的かは一目瞭然。しかも“したいのにできない”のは、見方を変えれば、“強引じゃなく自分本位でもなく、計算高くもないから、できない”とも訳せるわけだ。“我がままで性格がきつくて家庭的じゃないから、できない”と考えられた時代とは、“できない意味”が変わってきてる。その背景には、男が弱くなり女より安くなったことがある。逆に女が高値になったことが相まって“できない女”が増えているという、男女のバランスがきわめて悪い時代なのだ。そう、今や“できない女”は、いい人だし賢いし、思慮深いからこそ、できないんである。

だから、堂々「したくてしたくてたまらないけど、できないの」と言ってしまおう。“結婚願望の強い女”であることが、何だかちょっと恥ずかしい時代はもう完全に終わった。“結婚したくてできない女”が淋しそうで不幸そうな時代も完全に終わったのだから。

誰もが見て釣り合いが取れてないと思った、ある美人女優とコメディアンの結婚。その時「なぜ、したの?」という質問に「だって私、結婚申し込まれたの、これが生まれて初めてだったんだもの」。すでに30歳を過ぎていた女優は、誰もが憧れるズバ抜けて素敵な女性だった。世の中案外そんなものなんだと思ったもの。“したくてできない女”は、じつは恐れ多いんである。