連載 齋藤薫の美容自身stage2

“浮気したい女”へのオマージュ あなたは、誰より幸せだ

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「あー、結婚したい」と言うより、なぜか言いやすかったりするのが、「あー、浮気したい」という言葉。“結婚”には打算があるけど、“浮気”には打算がないから、その分オシャレなカンジがするのは確かである。“浮気したい女”へのオマージュあなたは、誰より幸せだ特に既婚者の“浮気願望”は言ってみれば“恋愛したい願望”であり、未婚者の場合ほどにはチャランポランでもふらちでもないような気がするから、女は女同士、それを許せてしまうのだ。

だから、私の友達の既婚者にもここだけの話、今、浮気していたり、浮気しちゃったことのある女性は、片手じゃすまないほどいる。その事実を私がちゃんと知っちゃっているのも、女友達の“浮気”は許してあげられるのが、女だからなのだ。

ただ“浮気したい女”にもハッキリ2種類ある。ひとつは、夫に自分は“少々もったいないかも”と思っている妻。私の女としての価値は、この夫の妻レベルで終わってしまうの? という思いがどこかにあり、日々の夫への不満はないものの、ついつい“自分に釣り合う男”をさがし続けてしまうタイプである。この場合の不幸は、今さら“運命の人”に出合ってしまった時に起こり、それをまた、必要以上にドラマティックなものにしようとするタチの女性だから、“駆け落ち”なども考えてしまうので、女友達を巻き込みながらスッタモンダする。しかし、こういう女性の夫は、どっちかって言うと鈍感で、そんな事態を夢にも想像しない。そのうち妻の恋心も冷めてきて、何事も起こらずに、おしまい。逆にこの場合の妻の“幸せ”は、外出するたび“どんな出合いがあるかわかんないし……”と思いながら身支度し、いつまでも女を捨てない、だからいつまでも若くてキレイってことだろうか。

もう一方は、いわゆる“浮気性”で、結婚前から二股が得意だったタイプだが、裏を返せばその浮気っぽさも“嫉妬深さ”から来ているというのが、心理上の見方。そう、浮気性はみな嫉妬深いのだ。言われてみれば、確かにそうだ。“何時までに帰ってろよ、電話するからな”なんて、女を束縛する男は、だいたい自分が浮気してる。その心理を読み取るならば、自分自身が平気で浮気ができる人間だから、他の人間もみんなできると思ってて、だから女を信じられない。女性も同じ、夫を根本的には信じてないから、夫がいつ浮気しても「ふん、私だってやってるもん」と平ちゃらでいるためにも、浮気したいのだ。

しかしこの場合の不幸は、夫に先を越されて浮気されちゃった時にあり、もともと嫉妬深いし、プライドも高いから、夫の浮気が許せない。自分も浮気しようなどという気持ちにはとうていなれず、夫の浮気に集中してしまう。夫にいかなる制裁を加え、自分が浮気相手の女性にいかに勝つかを、最大のテーマにしてしまうから、不幸なのだ。

けれども、こういう妻が今現在“あー、私、浮気したい”と言ってる場合は、心にゆとりがあるわけで、とりあえず夫の浮気を心配してはいない。ある意味、平和な結婚生活があるから思えることであり、また他に心配事もないから“心がヒマ”ってこともあるわけで、こういう妻の浮気願望は、“幸せ”の証なんである。

従って、“浮気したい女”はどっちに転んでも幸せ。なのに、多くの“浮気したい女”には“幸せ実感”がないのが普通。そもそも“女の浮気”は、スケベ心が根本にある“男の浮気”と違って、今の男や今の暮らしに満たされてない、あきたらないという不幸感や不満から来ている……と世間的には思われている。しかし実際は違うのだ。“浮気したい女”は、女の中でももっとも幸せな立場にある女なはずなのだ。だいたいが“浮気”ってのは、男を二人も三人も所有することで、浮気ができると思うだけでも、それは自分がイイ女であるって自覚している証拠。いいんじゃない?女と生まれたからには、そのくらい思っていたって。“浮気願望”は、女が女であり続けるお守りみたいなものなのだから。

“浮気したい女”は“恋愛したい女”よりわかりやすいキレイを生む

「あなたも、“新しい恋愛”でもしてみたら?」と言われた時、多くの女は「なんかぁ、イチから始めるのって面倒くさくない?」と言う。確かに面倒だ。お互いを充分知り合わないと“次の段階”まで行けない。それまで気を使うのが疲れそうって、みんな思う。それに比べて“浮気”っていうのは、そういう面倒さを感じない。お互い、とことん知り合わなくたっていいやという“いい加減さ”がどこかにないと、浮気が浮気にならず、“絆”じゃないんじゃない?という思いがあるから、浮気の方が疲れない。むしろ、いろんなところにバレないようにするための気疲れの方がずっと大きいくらい。

そして外見上のアピール力も、“恋愛したい女”より“浮気したい女”の方が、単純明快、わかりやすい。

ナチュラルメイクより厚塗りの方が、いっそ簡単であるのと同じで“浮気したい女”は“さーさ、私は恋がしたいのよ”と顔に書いとけばいいみたいなところがあり、キレイにメイクして、髪に手間をかけとけばそれですむが、“恋愛したい女”は、表面をキレイにするだけじゃ何かすまない気がして、メイクもスタイリングも、どこかにひとつ躊躇があるのだ。どうか中身も見てちょうだいみたいな。だから“浮気したい女”の方が、純粋にあっけなくキレイになっていく。これもまた美容の皮肉なところである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ