1. あなたは知的と思われているかテスト

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あなたは知的と思われているかテスト

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あなたは知的と思われているかテスト

もちろん今の時代、“知的”なんて流行っちゃいない。ひと昔前は、“知的でエレガント”っていうのが、いい女の必須条件だったけど、どっかの野暮ったいファッションメーカーの広告コピーみたいなその形容詞が、何だか恥ずかしいように思えてきたのは、松田聖子の勝ち、ナオミ・キャンベルの勝ち、そして今、浜崎あゆみの勝ち……みたいな流れがあって、自己中心的な派手さの台頭が、“知的”という良識ある美しさを吹き飛ばしたからなのだ。ところが一転、今また再び“知的”が息を吹き返しつつあるのは、宇田多ヒカルとか倉木麻衣とか、頭の良さそうな若手ミュージシャンがインターナショナルな知的さを引っさげて登場し、あの若さで億万長者になっちゃったから。“結局お金がなきゃ幸せになれない”と考える現代人は、“才能が作る知的さ”こそ、次のテーマと思い始めてもいる。

そもそも“知的”には3つのタイプがあり、そのひとつが言わずと知れたキャスター系。NHKと民放では種類が未だ異なるが、髪はショートで声低めはやはり基本。2つめに制服とシニヨンがキモなのは“スチュワーデス的知的”。姿勢を正し胸元にエルメスのスカーフまいて、化粧はコンサバフルメイク。髪を後ろに束ねて、言語明瞭ならば、とりあえず誰でもなれる地味派手な知的であった。そしてもうひとつが、ユーミン、竹内まりあから宇多田、倉木へと続くミュージシャン系知的。これも基本的に声低めで、作詞をするからボキャブラリー豊富。なのにあまり“おしゃべり”じゃないのが特徴。

これらに共通するのは、言うまでもなく声に弁舌、言葉の豊富さと、すべては“口”に集約される。そう、“知的”とは、すなわち“口”に宿る教養、感性、育ちの良さのレベルなのだ。もちろん、口もとの見た目の美しさも大きなポイントで、口から出るもの、見えるものすべてが、女の知的バロメーターなんである。単純に、何カ国語もしゃべれる口は、持ってる言葉数が膨大だから、もうそれだけで“知的な女”を作ってしまうし、呼吸もキレイで歯もキレイ、出てくる言葉もキレイなら、もう申し分なく“知的な女”。ちなみに“口がキレイ”という言葉があるが、これはガツガツしていなくて品のいい人を指すと言うが、物を食べ、息をはき、言葉をしゃべる口は、人の生き死にかかわり、生き方の根本にもかかわっている唯一のところだからこそ、知性の量が丸見えになってしまうのである。