1. "野望体質"の女たちへ!!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"野望体質"の女たちへ!!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

子供の頃から、自分は将来 "特別な大人" になると信じているから『大人になったら○○になりたい』という夢も"夢"ではなく、すでに "予定" の一部となっている。子供だてらに目的をもった人生は、より強い性格を育むから、"予定" や"計画" を実行しようとするパワーは、大人になる前にすでに人並みではなくなっている。別に、親に強要されたものではない、ほぼ生まれつき。だからこその野望体質は今の時代、いちばん増えている体質であるという。

まず、彼女たちは "恋愛体質の女" と違って、誰と恋愛しようと、わずかも予定を変えようとせず、着々と計画を実行に移していく。しかし "結婚" をきちんとしておくこともまた、計画の一部に入っているから、意外にもさらりと結婚していく人が多い。"恋愛体質の女" は、恋愛を重視するあまり、日々の心の処理に忙しくって、それを結婚に持ち込むのがわりに苦手である。ところが "野望体質の女" は、結婚ごときは今のうちに済ませておかなくちゃと思うのか、自分を抑えてでも、上手に結婚に持ち込む傾向があるようなのだ。

ちなみに、芸能人にはやっぱりこの体質が多く、典型と言えるのが、松田聖子。最初の結婚も、そして2度目の結婚も、ハタから見ればずい分サラリと簡単なものに写ってたっけ。恋愛も結婚も、きっちりやるが、目的を果たすパワーはわずかも衰えない。強烈な自我と、めざましい上昇力は、"恋愛体質の女" が見習うべきものなのだろう。しかし聖子さんは、野望体質の数少ない成功例。世の中そうは甘くないから、目的が果たせぬことも多々あるわけで、そのたびに慌てふためき、そんなはずじゃなかったともがき苦しむ。だから、当然人より苦悩も多くなるのが、このタイプの不幸なわけだが、かと言ってここで挫折したままへこまない。強引に前に出ていく力をもつのも、またこのタイプの特長なのだ。