1. オーラの作り方その2 悪っぽさが光る眩しき逆光

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

オーラの作り方その2 悪っぽさが光る眩しき逆光

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

オーラの作り方その2 悪っぽさが光る眩しき逆光

芸能界には思いのほか“ヤンキー出身者”が多い。しかも芸能人として成功するのは、圧倒的に元ヤンキーが多いとも言われる。じつは、元ヤンキーにはオーラがあるという説が昔からあって、それ自体がオーラにまつわるひとつの謎となっていた。

実際、ヤンキーをはじめ、昔で言うところの不良、つっぱり、ゾクの類は、なぜかある種のオーラを放っている。言うまでもなく、そり返った姿勢と鋭い視線で世の中を威圧するのが彼らのモットーなわけだが、とても単純に、人間はこの“姿勢”と“視線”が、人と違っているだけで、オーラを放てるということなのかもしれない。

“姿勢”と“視線”……確かにこの2つさえキッチリ決めれば、人はそこそこ目を惹く存在になれてしまう。そり返るほどではなくスクーンと背すじをのばし、なおかつ瞳孔を大きく開くように、モノを力強く見つめる目をすれば、たぶんそれだけで“存在感”は生まれるのだ。しかし、この手の“姿勢”や“視線”は、いわゆるスキがなく遊びがない、だから退屈な女のイメージを生んでしまいがちで、“存在感”は出るが、オーラまでは出にくいのだ。ごくたまに、妙に姿勢がいい、視線にまったくフラつきのない女性が遠くからでもオーラを放っているのを見かけるが、これはたぶん相当“お育ち”がいいのだろうと思うことにしている。