1. 意地悪のある会社、ない会社

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

意地悪のある会社、ない会社

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

意地悪のある会社、ない会社

童話やお伽話、コミックの世界には、主人公に意地悪する脇役の存在が不可欠だ。いや、彼らは脇役というより“準主役”。バレエの『白鳥の湖』だって、主役の白鳥に意地悪する黒鳥は、難易度Cのターンという最大の見せ場を持っていて、主役以上のテクニックを要するくらい重要な役回り。強烈なキャラクターとそれなりに立派な才能をもっている“意地悪な準主役”は、だからうっかりすると主役を喰ってしまったりするものである。言い替えれば、意地悪する人がいないと物語が成立せず、主役も主役を張れないのが、この世界のしくみ。シンデレラからキャンディ・キャンディまで、意地悪される人と意地悪する人による、意地悪ネタ一色の物語によって、世界中の少女が世の中ってものを学ばされてきたのは間違いないのだ。

しかし実際、大人になってみると世の中そう単純ではない。意地悪は確かに存在するが、する人とされる人がそれほどきっぱり分かれてはいない上に、意地悪される人がいつの間にか意地悪する人になっていたりと、主役と脇役が激しく入れ替わってもうごちゃごちゃ。しかし、不思議に意地悪のまったくない世界もきちんと存在し、そこに入ると生まれつき意地悪な性根をもっている人でも、善人に成り上がる。つまり実際の大人社会は、意地悪する人とされる人がいるんじゃなく、意地悪のある会社とない会社に、きっぱり二分されるんである。さて、意地悪のある会社とない会社、そこにはどんな違いがあるのだろう。