連載 齋藤薫の美容自身stage2

女が磨かれる仕事、磨かれない仕事

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

結論から言おう。女が磨かれる仕事、それは女同士が競い合わなくてはならない仕事……である。男の中に女がポツン、だから可愛がられたり、特別扱いされたり、時には女だからとナメられたりする仕事は、そりゃあ楽かもしれないが、女は磨かれないと言い切っていい。

アナウンサー、スチュワーデス、ナレコンの世界は、知性を競い、ついでに美を競う典型的なお仕事だが、こういう世界はぐるりと全員がライバルみたいな特殊な環境にあり、人に意地悪しているヒマがないほど、自分を磨かなきゃならない。まあ、かなり過激な切磋琢磨というものがあるわけだが、それでも“勝ち組”と“負け組”がしっかり分かれていく世界。女は確かに磨かれるけど、相当に神経をすり減らす環境だけに、早々に辞めていく人も多いわけで……。そう、女が磨かれる仕事は、辛いのだ。いや、もっと言えば、人が磨かれる仕事は、どれもみんな辛いのだ。

それまで職を転々としてきて、ようやく“続く仕事”に巡り合えたという女性がいた。しかし、その仕事は今まででいちばん辛い仕事。女ばかりの中で能力を競うような、精神的にも肉体的にもまったく甘くはない仕事だった。ふと過去を振り返って、今までなぜどの仕事も続かなかったのだろうと考える。答えはひとつ「楽だったから」。精神的にも肉体的にも楽すぎたから、イヤだったと彼女は言うのだ。「私、こんなことしていていいの?」という不安とも焦りともつかない気持ちにおそわれながら「楽しかったら仕事じゃない」と悟ったという。多くの人は、たぶんそこに気づいていない。気づいた人だけが、仕事で成功しているのは事実。辛くて大変なことがイヤと言う人は、仕事ではまず成功できない。ましてや磨かれないというのが、世の道理なのである。

じゃあ、アナウンサーやナレコンは早く辞める人が多いのに、彼女が女同士で競わなきゃならない、辛くて大変な仕事なのに、長く続いてしまったのはなぜなのか?それは“若さ”を問われない仕事だったからである。

同じように女同士を競う仕事でも、キャリアより若さを重要と考える仕事は数多くあって、これにハマると女は磨かれるが、ちょうど磨きがかかったあたりに“負け組”にまわされるという理不尽な想いをすることになる。それは一にも二にも“男の目”が悪いわけで、モテる仕事の宿命。若さかキャリアの二者択一はあらかじめよーく見極めて。その点、キャリアを積んだ年上の女性がまだいっぱい残っているような職場では、良い例も悪い例も含めて、女のサンプルから色々学べて得。どんな女性が求められ、どんな女性がうとまれるかを片目で見ながら、自らが“求められる女性”になろうとするだけで、女は驚くほど磨かれる。ってことは、女が磨かれる仕事とは、案外“ごくごく普通の忙しい仕事”ってことになるのだろうか。

ひょっとすると、女ってじつは人と競うのが嫌いじゃないのかもしれない。試験がない社会へ出ても、やっぱり人と競うことで女は伸びていく。女の魅力も才能も。かつて女の価値を男が決めたような時代のDNAが、じつは今も少し残ってて、それが時々うずいてくるから、女はどこかで競い合っていたほうが、生き生きしていられるのかもしれない。だから、仕事は辛くて当たり前。だって自分を磨くためだもの。

女性の同僚にカッコイイと言われる女を目指すと、早い

紅一点”の仕事場で、女が磨かれない決定的な理由は、自分よりキレイな女性や、ぐんぐんキレイになっていく女性の成長を、毎日毎日コンスタントに見られないことにある。“毎日毎日コンスタントに”というのは、女磨きにおいてじつはとても重要。英会話もゴルフもスリミングも、少しずつでも“毎日毎日”同じことを繰り返すのが絶対の基本。キレイなもの、オシャレな人、成長する女を毎日毎日見続けていれば、それは必ず伝染してくる。たまに会う親友がキレイなより、同僚がキレイなほうが早いのは、単純に目にする頻度の差なのである。

そして、オフィスでいちばん目をランランにして見ておくべきは、カッコイイ女性。可愛さよりカッコ良さが光る場所、いつの間にか身につくキレイは、だからとても尊い。だいたいがカッコ良さは、繰り返し繰り返し生身のサンプルを目で見る以外、身につける方法はないくらい、より感覚的なオシャレ。だから日本人はカッコイイが苦手なわけだ。もっと言えば、女がたくさんいる世界の何よりの魅力は、いろんなタイプのいろんなキレイがミックスされて身につくこと。最上級のキレイが、カッコ良くて可愛くて、上品でセクシーで、しかもコンサバにしてアバンギャルドみたいな、いろんな形容詞を含んだキレイ。それを身につけるには、頭で考えてもダメ。毎日目で見るしかないことを覚えておこう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ