1. 女が磨かれる仕事、磨かれない仕事

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女が磨かれる仕事、磨かれない仕事

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女が磨かれる仕事、磨かれない仕事

結論から言おう。女が磨かれる仕事、それは女同士が競い合わなくてはならない仕事……である。男の中に女がポツン、だから可愛がられたり、特別扱いされたり、時には女だからとナメられたりする仕事は、そりゃあ楽かもしれないが、女は磨かれないと言い切っていい。

アナウンサー、スチュワーデス、ナレコンの世界は、知性を競い、ついでに美を競う典型的なお仕事だが、こういう世界はぐるりと全員がライバルみたいな特殊な環境にあり、人に意地悪しているヒマがないほど、自分を磨かなきゃならない。まあ、かなり過激な切磋琢磨というものがあるわけだが、それでも“勝ち組”と“負け組”がしっかり分かれていく世界。女は確かに磨かれるけど、相当に神経をすり減らす環境だけに、早々に辞めていく人も多いわけで……。そう、女が磨かれる仕事は、辛いのだ。いや、もっと言えば、人が磨かれる仕事は、どれもみんな辛いのだ。

それまで職を転々としてきて、ようやく“続く仕事”に巡り合えたという女性がいた。しかし、その仕事は今まででいちばん辛い仕事。女ばかりの中で能力を競うような、精神的にも肉体的にもまったく甘くはない仕事だった。ふと過去を振り返って、今までなぜどの仕事も続かなかったのだろうと考える。答えはひとつ「楽だったから」。精神的にも肉体的にも楽すぎたから、イヤだったと彼女は言うのだ。「私、こんなことしていていいの?」という不安とも焦りともつかない気持ちにおそわれながら「楽しかったら仕事じゃない」と悟ったという。多くの人は、たぶんそこに気づいていない。気づいた人だけが、仕事で成功しているのは事実。辛くて大変なことがイヤと言う人は、仕事ではまず成功できない。ましてや磨かれないというのが、世の道理なのである。