1. "男運"は悪いほうが幸せ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"男運"は悪いほうが幸せ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「私って、男運の悪い女?」あなたも一度はそう思ったことがあるのだろう。男に裏切られた時、男にふられた時、そして彼氏がなかなかできない時……そう、一度や二度続けて男にふられたり、2年3年恋人ができなかったりすると、とりあえず“男運の悪さ”を女は疑う。自分はそういう運に見放された女なんじゃないのか?って。でも、本来“男運の悪さ”というのは、“悪い男とばかり関わってしまう不幸”を指すわけで、“ふられてばかり”より、よほど厄介なことらしい。

確かにいる。世の中、まともな男はゴマンといるのに、なぜかまともじゃない男ばかり好きになってしまう女が。あるTV番組では、それを“人質を取ってたてこもっている凶悪犯人を、時間がたつにつれ「好きかも」と錯覚していく人質の心理”に似ていると分析していて面白かった。それは嫌いなりすぎたり、身の危険を感じたりすると自分の身を守るために相手を好きになろうと無意識に自己暗示をかけてしまう結果というが、なるほど、初めて浮気された時は相手をサイテーと思えるのに、何度も何度も浮気されてるうちに、逆にこちらが下手に出て「それでも好きなんだもん」などとより強く思ってしまうみたいな心理って、わからなくない。精神的に傷めつけられるほど、相手を大きな存在と思うようになるマゾヒスティックな感情、自分にもないとは言い切れない。