1. みんなで"あげまんな女"になろう

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

みんなで"あげまんな女"になろう

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

みんなで

“あげまん”という言葉がある。辞書にはのっていないが“男を出世させる女”というような意味をもつ。たぶん、私たち女の間で「あの人は“あげまん”よね」なんていう会話は、あまりかわされないが、男たちの間ではけっこう「彼女は“あげまん”だよな」とか「あいつの奥さん“あげまん”なんじゃないの?」などというふうに日常的に使われている言葉らしい。つまり、私たち女に“あげまん”かどうかの自覚は、まったくないが、男たちにとって“あげまんな女”と出合うことは、とてもとても重要なことなのだ。そこには、男が成功するもしないも女しだい。エラくなるのもならないも妻しだい“彼女”しだいという、“他力本願”的な、ちょっとズルイ考え方が、男の中で生き続けていることを物語る。いや、ひょっとすると、女が“玉の輿”を狙ったり、“白馬にのった王子様”を待ってしまったりするのと同じ“あげまんな女”と出合うことは、永遠の“男の夢”なのかもしれない。

であるならば、女と生まれたからには、“あげまんな女”になってみたい。だいたいが、自分の彼氏や夫がエラくなったり成功したりすれば、いちばん得するのは自分自身。なれるものならなってみたい。少し前によく見たCMは“東大合格”の“カノジョ”の座をみんなで狙ったり、東大合格の彼氏をもつ女子高生が異常に嫉妬されちゃったりと、“女の成功”は彼氏の東大合格ってふうになっている。8割が冗談としても2割は本音。高学歴男を競うのは、今の10代が子供ながらに、不景気を肌で感じて、本能的に勝ち組男に走ろうとしているのかも。そこに“三高”という言葉を生んだ、バブル期のいかにもちゃっかりした“あげまん魂”を感じないでもない。たぶん女は時代に応じて形を変えながらも“あげまん”を目指し続けていく生き物なのかもしれない。