連載 齋藤薫の美容自身stage2

みんなで”あげまんな女”になろう

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“あげまん”という言葉がある。辞書にはのっていないが“男を出世させる女”というような意味をもつ。たぶん、私たち女の間で「あの人は“あげまん”よね」なんていう会話は、あまりかわされないが、男たちの間ではけっこう「彼女は“あげまん”だよな」とか「あいつの奥さん“あげまん”なんじゃないの?」などというふうに日常的に使われている言葉らしい。つまり、私たち女に“あげまん”かどうかの自覚は、まったくないが、男たちにとって“あげまんな女”と出合うことは、とてもとても重要なことなのだ。そこには、男が成功するもしないも女しだい。エラくなるのもならないも妻しだい“彼女”しだいという、“他力本願”的な、ちょっとズルイ考え方が、男の中で生き続けていることを物語る。いや、ひょっとすると、女が“玉の輿”を狙ったり、“白馬にのった王子様”を待ってしまったりするのと同じ“あげまんな女”と出合うことは、永遠の“男の夢”なのかもしれない。

であるならば、女と生まれたからには、“あげまんな女”になってみたい。だいたいが、自分の彼氏や夫がエラくなったり成功したりすれば、いちばん得するのは自分自身。なれるものならなってみたい。少し前によく見たCMは“東大合格”の“カノジョ”の座をみんなで狙ったり、東大合格の彼氏をもつ女子高生が異常に嫉妬されちゃったりと、“女の成功”は彼氏の東大合格ってふうになっている。8割が冗談としても2割は本音。高学歴男を競うのは、今の10代が子供ながらに、不景気を肌で感じて、本能的に勝ち組男に走ろうとしているのかも。そこに“三高”という言葉を生んだ、バブル期のいかにもちゃっかりした“あげまん魂”を感じないでもない。たぶん女は時代に応じて形を変えながらも“あげまん”を目指し続けていく生き物なのかもしれない。

もっともわかりやすいのが、野球選手の妻。結婚すると急に“成績が悪くなる”のは、野球のひとつの“ジンクス”らしいが、これに反して急に成績が良くなる選手の妻は“あげまん”と持ち上げられる。そして“あげまん妻”は、きちんと家庭を守り、静かに夫を支えているイメージがあるけれども、統計的には、どうもそうじゃないらしい。野球選手の妻は、“年上女房”が実際多いが、それを象徴するように、“あげまんな妻”は試合前はハッパをかけ、成績が悪いと叱り、何をするのでも「あなたならできるはず」と叱咤激励する母のようなタイプが多いとか。たとえば、クリントン元大統領の妻、ヒラリーさんもうるさいほど夫を叱ったりほめたり励ましたりしたのだろう。母のようでもあり、先生のようでもあり、いちばんの応援団でもある妻が、夫を出世させる。たぶん、ひとりで勝手に生きないで、彼や夫に集中し、一緒に戦う女が“あげまん”になりやすいのだ。

しかし、問題はその先だ。伊丹十三監督の映画「あげまん」の中の“あげまんな女”は芸者という設定だから自分自身は決して得をしない。愛する男が幸せならそれで満足……という、立派すぎる“あげまん”だった。男の夢はそういう女と出合うことなのだろうが、今の女はそれだけじゃ満足しにくい。ヒラリー・クリントンが、大統領をやめた夫といよいよ別れようとしているらしいというもっぱらの噂。もうご存知のように、ヒラリーさんは自ら上院議員になって、次期大統領を狙ってるとも言われる。母のように先生のように、そしていちばんのサポーターのように、男を叱咤激励できる女は、男の成功を影で見守るだけではすまない時代になったのだ。自らが勝負できちゃう時代になったのだ。

でももしここで、クリントンがヒラリーに「キミがいないとボクはダメになる」とでも言えば、これはもう立派な“あげまん”。あり余る才能を持て余し、自分が出ばっていけば、“あげまん”とほめたたえられた代償として一転“猛女”と恐れられてしまうから、“あげまん”は少なくとも一生その男を支え続けないといけないのだ。たぶん、男が夢に見て、女も本能で“なりたい”と願う“あげまん”とは、最終的に「キミなしでは頑張れない」と言わせる女なのである。

で、あるならば“あげまん”になりたくてなれない女の、決定的なミスは、相手への気持ちを“愛すること”や“愛されること”ばかりに使ってしまい、相手にただ尽くしすぎてしまうことにあるのだろう。そう、“あげまん”は尽くさない。ひたすら励ますのだ。なぜ尽くしちゃいけないのかわかるだろうか。男をいわゆる“内弁慶な男”にしないためである。尽くしすぎると、男は物の道理として、ただの内弁慶な男になっていって、外では勝てないチマチマした男になる。だから励ます。「あなたになら、できる」と。

デキる男に「キミなしでは頑張れない」と言わせる“あげまん”……これは紛れもなく、女の才能のひとつ。もし、一生一緒にいたいという男性に出合い、そしてもし、その人を一生尊敬し続けたいなら、正しい“あげまん”になろう。それは女の幸せの中でも、かなり高いレベルの幸せを生むはずなのだ。

“あげまん”な女は、自分もどんどんキレイになる?

ヒラリー・クリントンが、40代から50代にかけて、若い頃とは比べようもないほど、キレイにアカ抜けたのは、有名な話。世界中の注目を浴びている緊張感もさることながら、“あげまん”している女としての自覚も、あの人を一気に目覚めさせたのだろう。夫のランクがあがる時、セットで見られる妻も一緒にランクアップせざるを得ない状況の中で、女がてっとり早く世間にアピールできるのは、やはり外見のランクアップ。夫が出世すると、妻は放っておいてもその心構えだけでキレイになっていくものらしい。

でもその裏で“あげまんな女”には、ひとつの大きな不安がある。男がどんどん立派になって世間に評価されるにつれ、増していく不安……そう、男に浮気でもされやしないか?という不安がいつの間にか、女を輝かせてしまうのだ。逆を言えば、相手がパッとしない男であった時の妙な安心感は、女を知らないうちにくすませる。

もっともヒラリーさんは、キレイになっても夫に浮気されちゃった。でも考えてもみてほしい。昔のような風貌だったら、「だから浮気されちゃうのよ」と世間の目は冷たかっただろう。あそこまでキレイになっていたからヒラリーさんは同情された。しかも、夫は自分の元に戻ってきた。それもまた、計算のうちなら“あげまんな美女”って最強だ。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ