1. "さげまん"は、悪い女なのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"さげまん"は、悪い女なのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

さて、世間の男たちが“あげまん”よりもさらによく話題にあげるのが、“さげまんな女”の噂である。「あいつ、結婚したとたんに運に見放されて。あの女が“さげまん”なんだろうな」みたいに……。こういう時、男たちが女の何を指して“さげまん”と呼ぶのかは不明である。しかし、控えめで無欲でやさしい女なら、相手の男が何億の借金をかかえて、「あの奥さん、いい女なのに気の毒だな」なんて言われても、“さげまん”にはされない。やっぱり派手で浪費家で身勝手な我まま女は、本人が何も悪いことをしていなくても、相手の男がちょっとでも不運に見舞われればたちまち“さげまん”にされるのである。

そして、歴史上の人物でもっとも有名な“さげまん”と言えばやっぱりマリー・アントワネットなのだろう。何しろ、自分の贅沢三昧のために国民の顰蹙を買って、フランス革命の引き金をひき、夫を失脚させるどころか断頭台まで送ってしまったのだから。浮気もしただろうし、人のいい夫をバカにしていたとも言われ、今もいい噂は残っていない。もっとも本人も死刑台にあがったのだから、“世紀のさげまん王妃”として歴史に残るのは、本人もさぞ悔しかろう。果たして、マリー・アントワネットは本当に“さげまん”だったのか?