連載 齋藤薫の美容自身stage2

“頑張らなくていい”は本当か?!

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“癒し系”の女はなぜモテるのか?男に対していかにも「頑張らなくていいよ」と言いそうだからである。逆を言えば、「頑張らなくていいよ」と誰かに言われたい願望が、“癒し系”な女をもてはやすのだ。同様に「そんなに頑張らなくていいのです」と言ってくれる本が軒並みベストセラーになる時代。みんなそこまで疲れていて、みんなそこまでカンベンしてほしいのである。でもでも、私たちは本当に頑張らなくてもいいのだろうか?

いつもいつも可哀相になるくらい頑張っている女性がいた。人に負けたくないのか、自分に負けたくないのか、ともかく何をするにも一杯一杯に頑張って、息を抜かない。だからその人のまわりにはいつも悲愴感みたいなものが漂っていた。勢いあまって、一緒にいる人を息苦しくさせることも多い。お茶入れひとつ、コピーとりひとつにも頑張りぬき、近所に買いものを頼まれると、なぜか走って行ってきてしまう人。生きることそのものに手を抜けない人。「いいのに、テキトーで」と思う私は、さすがに疲れてきて、「そんなにいつも頑張ってて疲れない?そこまで頑張らなくていいんじゃない?」とたしなめる。案の定、彼女は泣き出してしまう。いつもピンピンに張っている緊張の糸が切れるのだろう……。

でも違ってた。彼女はこう言ったのだ。「私、頑張っていないとダメなの。頑張らないでいる方が辛いの」と。そうか、頑張りすぎる人は頑張らないことが辛いのか。走るのをやめたくてもやめられない、そういう自分がどんなに痛々しいかわかっているから、人に「疲れない?」と言われると、自分の痛々しさが無性に悲しくなるのだと彼女は言った。決して、「頑張らなくていい」と言われて、ふーっと安心して流れる涙ではないと。

ひょっとすると、「頑張らなくていい」は、もともとあんまり“頑張れない人”を安心させるための言葉にすぎないのじゃないか?“頑張ってしまう人”にとっては、痛々しい自分を可哀相がるための言葉にすぎないのではないか?であるならば、「そんなに頑張って疲れない?」と言うのは、“頑張れない人”の敗北感が言わせる、“よけいなお世話”じゃないのか?私は、この“頑張ってしまう痛々しい人”にちょっとした尊敬を覚えた。自分もそうなろうと思った。でも実際頑張ってみた時、あることに気づくのだ。「一体いつまで頑張ればいいの?」頑張ってしまう人がやめたくてもやめられない辛さに泣くのは、“いつまで?”“どこまで?”という答えが見えないから。暗い闇の中を手さぐりで走り続ける不安が、たぶん頑張る人を悲愴に見せるのだ。私はそこで、頑張る人には期限が必要だと思うのだ。

当時30代になったばかりだった私は、そうだ、35歳まで頑張ってみようと決めた。35歳で何かが終わったり、何かが手に入ったりするわけではない。でも、何となく35歳……。それでもう頑張ることの悲しみ少し減る。山に登る人は何が楽しくてゼーゼー言いながら登るのだろうと思っていたが、その時そのナゾも解けた。頂上があるから登るのだ。マラソンも何が楽しくて脇腹おさえながら走るんだ?!と思っていたが、それも解けた。ゴールがあるから走るのだ。だからウソでもいいから期限を作る。すると頑張れる。自分が作った期限に気づかずに走り抜けてしまうのなら、それもいい。でも、誰かに「そんなに頑張って疲れない?」とヤユされても、「うん、ひとまず大丈夫。あと1年だから……」と心の中で言うから、涙は出ないはずなのである。

“頑張るのをやめた人”は、そのあと一体どうなるのか?

誰かに「頑張らなくてもいいよ」と言われたのかどうかはわからないけれど、まれに突然“頑張るのをやめてしまう人”がいる。特に“女を頑張る”のをやめてしまう人は少なくない。バッチリ化粧し、精一杯のおめかしをして出かけたら、初めてデートする相手に「頑張ってるねぇ、ずい分。そんなに頑張らなくてもいいのに」と言われて、とことん傷つき、その日からスッピンを通しているという人がいた。“頑張ること”はある意味ダサイ。キレイになることだって、少しダサイかもと思いながらも、頑張らずにいられない。それをダイレクトに「ダサイ」と言われると、頑張る気力がピチッと切れて、今度は頑張らないことを頑張るようになってしまうのだ。

その時、女に起こる変化はみんな同じ。全身が“うつろ”になっていく。熱血サラリーマンの定年後はボケが危ないというけれど、頑張る性分の人が頑張るのをやめると、まず“目が死ぬ”のだ。頑張らない自分はもう自分じゃない、言わば魂までが抜けてしまうから、目が死ぬのである。目が死ぬと、なぜか肌がくすみ、皮フがたるむ。頑張る魂の美肌効果が解けてしまった効果である。結婚したとたんに、逆に大失恋したとたんに、別の生き物のようになってしまう女性がいるのはそのせい。一度キレイを頑張った女性は生涯頑張り続けないといけない。頑張る性分の人は、それに気づいているから、頑張るのをやめないのかもしれないが。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ