1. ふって不幸になる女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

ふって不幸になる女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

ふって不幸になる女

ふるより、ふられる方がいい……たまにそんなことを言っちゃう人がいる。ふるより、ふられる方がいい?言うまでもなく、相手を傷つけるより自分が傷ついた方がましという、ちょっと偽善的な考え方である。そんなのキレイゴト、ふられる女の辛さがわかってないから言えること、と私などは思うわけだが、これは“ふる女”にも、それなりの苦労はあるのだよというお話。

「お財布なくしたり、車が免停になったり、楽しみにしていた旅行が相手の都合でダメになったり、最近変なことばかり起こるのよ」と言った友人は長年つき合っていた彼と別れたばかり。ふったのは彼女のほう。私たちは顔を見合わせ、「やっぱりね、それ生き霊だわ」

“生き霊”とは、文字通り生きている人の怨霊がもたらす“たたり”。いきなりコワイ話をしてしまったが、今や私たち仲間の間では、この“生き霊”話が日常的に出てきている。つまり、仲間の何人もが、かつて“生き霊”に困っていたことがあるからなのだ。とても単純に、誰かがある人をうらんでいたり、強く想っていたりすると、その想いが届いてしまうということなのか、うらまれている人を困らせることが連続して起こる。でも、ほとんどの場合、相手を肉体的に傷つけたり、仕事などで立ち上がれないほど打ちのめしたりすることはない。ただ相手を困らせてあげようというほんのちょっとしたイタズラのレベル。しかも、生き霊を出している本人にその自覚はまるでないというのもカワイイ。いわゆる“五寸くぎ”の話とは違って、想いの強さが勝手に飛んでいってしまうだけなのだ。