1. サバサバした女は本当に安全なのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

サバサバした女は本当に安全なのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

サバサバした女は本当に安全なのか?

「あの人は大丈夫。サバサバした人だから」私たち女は、よくそういう情報交換をやって、お互いを安心させ合ったりする。“あの人は大丈夫”というのは、私たちをいじめないから大丈夫という意味。そして“サバサバした人”は、イコール“イイ人”の意味。だから安心していいよ、という意味なのである。サバサバしている女は、すなわちイイ人……。それは女が体験的に習得してきた法則だ。サバサバとは、言うまでもなく“サッパリしていて物事にこだわらない性格”を指し、本当にサバサバしていれば、確かに他の女にアレコレ細かいことを言うはずもなく、ほぼ安心な存在だ。しかし、人が本当にサバサバしているかどうかを、私たちはどう判断しているというのだろう。

たとえばだ。初めて会った同じ年代の女性2人。片方は「私、○○と申します。よろしくお願いします」と頭を下げているのに、もう一人が「私○○、よろしくネ」と頭も下げずにサバサバッと言う。すると、前者は後者を「なんて、サバサバした女性、きっとイイ人に違いないわん」と思うだろう。そしてまた、ほとんど初対面から「ねえ今度、ごはん食べようよ」とか「これこれこういう集まりがあるんだけど、来ない?おいでよ」などと、きわめてフレンドリーに相手を誘う女も、当然のこととして人なつっこい系のサバサバ女性として、ものすごくイイ人に見える。あるいはまた、大して親しくないのに「あなた、ウチの犬に顔が似てる。アハハ」と、屈託なく言う女。言われた方はうれしいんだか悲しいんだかわからないが、とりあえずこの人はサバサバして、イイ人はイイ人なんだろうと思うはずだ。