連載 齋藤薫の美容自身stage2

サバサバした女は本当に安全なのか?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「あの人は大丈夫。サバサバした人だから」私たち女は、よくそういう情報交換をやって、お互いを安心させ合ったりする。“あの人は大丈夫”というのは、私たちをいじめないから大丈夫という意味。そして“サバサバした人”は、イコール“イイ人”の意味。だから安心していいよ、という意味なのである。サバサバしている女は、すなわちイイ人……。それは女が体験的に習得してきた法則だ。サバサバとは、言うまでもなく“サッパリしていて物事にこだわらない性格”を指し、本当にサバサバしていれば、確かに他の女にアレコレ細かいことを言うはずもなく、ほぼ安心な存在だ。しかし、人が本当にサバサバしているかどうかを、私たちはどう判断しているというのだろう。

たとえばだ。初めて会った同じ年代の女性2人。片方は「私、○○と申します。よろしくお願いします」と頭を下げているのに、もう一人が「私○○、よろしくネ」と頭も下げずにサバサバッと言う。すると、前者は後者を「なんて、サバサバした女性、きっとイイ人に違いないわん」と思うだろう。そしてまた、ほとんど初対面から「ねえ今度、ごはん食べようよ」とか「これこれこういう集まりがあるんだけど、来ない?おいでよ」などと、きわめてフレンドリーに相手を誘う女も、当然のこととして人なつっこい系のサバサバ女性として、ものすごくイイ人に見える。あるいはまた、大して親しくないのに「あなた、ウチの犬に顔が似てる。アハハ」と、屈託なく言う女。言われた方はうれしいんだか悲しいんだかわからないが、とりあえずこの人はサバサバして、イイ人はイイ人なんだろうと思うはずだ。

まあ、ざっとこんな具合。私たちが誰かをたちまちイイ人と信じる時、それは物言いがサバサバしている人にすぎないのである。あのオセロがBSのある番組で、最近の自分たちのテーマは“偽サバ女を見抜け”ってこと……などと言っていたが、なるほどこれは正しいテーマ。物言いはサバサバしているが、心の中はわりにねちねちしている人間は、世の中少なくない気がする。そして、初対面のサバサバにだまされて、急激に親しくなった偽サバ女に、痛い目に遭ったという話は決して少なくない。安心していろんなことをしゃべったら、周囲に筒抜けだった。人の悪口ばっかり言ってるなあと思ったら、じつは他で自分の悪口も言われてた。たちまち図々しくなり、土足で踏み込んできて困ってる。じつは意地が悪かった……などなど。偽サバは人を必要以上に安心させるだけに、被害も大きくなるのである。

そしてよーく考えてみると、一見サバサバには見えない、おっとり丁寧な人の方が、付き合いが深まるにつれ、じつはすごくサバサバしていたことに気づくことって、きっと多いと思うのだ。たぶんこういうことなのだろう。心底サバサバしている人は、他人のどんな言動も許すことができる人。誰がミスしても、誰が攻撃してきても、“物事にこだわらずさっぱりと受け流すこと”ができるからこそ、サバサバした人はイイ人なのだ。つまり、心底イイ人で物事の表も裏もわかっており、心穏やかで常識もないと、人を許すことなんてできないはずで、そういう人が敬語も使わず、相手の気持ちも考えず、ズケズケ言ったりできるのか?

物事にこだわらないことと、相手の気持ちを読めないサバサバは、やっぱり別ものなのだ。サバサバした物言いだけで、イイ人と決めつけ安心しちゃった方が悪いのだけれど、でもサバサバは、人間関係における“ひっかけ問題”。自らの心をもって、その“ひっかけ問題”を慎重に解いてほしいものである。

思いやりあるサバサバと思いやりないサバサバを見分ける法

本当の意味でサバサバしている人は、他人のミスを許せる人と言ったけれども、ミスを許すのは、早い話が思いやり。真にサバサバした“安心な女”は、要するに心優しい女なのだ。ところが逆に、“偽サバ女”はサバサバに愛情がない。他人のミスを大声でサバサバと吹聴できる。誰にでも親しく話しかけ、そしてわざわざ言う必要のない悪口を言えるのだ。それ自体は粘着性の行為だが、言葉づかいがきっぱりしていて、あまりにサバサバ悪口を言うので、相手は依然としてまだこの人が、いわゆるサバサバしたイイ人だと思い続ける。最終的に、それが偽サバだったことを知るのは、他で自分の悪口を言われてることを知った時……。

偽サバ女のワナにハマッた人は、だいたいがこのパターンだろう。結論を言えば、サバサバしたイイ人は、人の悪口はぜったいに言わない。そして偽サバ女は、人の悪口が大好き。でも妙にきっぱりしているために、その悪口が説得力をもってしまうのが特徴。そこには特に気をつけたい。

私の知っている“真のサバサバ女”は、日頃じつに優しくて感情豊かでむしろウェットに見える。つまりサバサバにはとうてい見えない。でも10年以上、人の悪口は一度たりとも言ったことがない。だから彼女がサバサバした女であることに気づいたのも、じつは最近のこと。ホント、見分けは難しい。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ