連載 齋藤薫の美容自身stage2

女っぽい女は、本当に危険か?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女は昔から“女っぽい女”は少し危険だと思っている。女は生まれた時からもう充分“女”なのに、それ以上に“女”を出すことに、明らかな計算を感じるからである。もちろん男に良く思われたい的な計算を感じるからである。そして時には、その目的を果たすために、自分たち同性の立場が脅かされることもあるかもしれないと思うから、“女っぽい女”は危険視されるのである。でも、“女っぽい女”は本当に他の女を脅かすほどのパワーをもっているのだろうか? そして、そもそも“女っぽい女”とは誰なのか?

女っぽい女”は厳密に言えば、2種類ある。ひとつは、見た目に女々した、姿形に女を丸出しにしたタイプ。もうひとつは性格的に、たとえば嫉妬深かったり、粘着質だったり、少し意地悪だったりするみたいなタイプ。ところが世間は、2つのタイプを混同しがち。いや、見た目に女が丸出しな女は、性格的にも女っぽいだろうと思ってしまう。しかし両方の要素を一人の女が持ち合わせるケースはむしろ少ない。つまり、私たち女は注意すべき危険人物を微妙に取り違えるのである。 女っぽい女は、本当に危険か?

見た目に“女っぽい女”に、じつは自分が“女っぽい”という自覚は、あまりない。なぜなら、彼女たちは“ふつうにキレイになりたい”と思っているだけ。別に女っぽくなりたいのではない。個性的でも攻撃的でも扇情的でもなく、女としてむしろ当たりまえにキレイになろうとすると、風貌は自ずと女っぽくなっていく。化粧をきちんとし、髪一本一本に意識をこめ、ハイヒールをはけば、どんな女もみんな充分女っぽくなるものなのだ。

そしてまた、ある女っぽい女優さんがインタビューでこう答えていた。「女優なんて、心の中はみんな男以上に男っぽい。だから見た目をせいぜい女っぽく作っておかないと、女優じゃなくなっちゃうのよ」

そう、“女っぽさ”を生むもうひとつの要因は、自らが無意識に取っているバランスなのである。自分の中の“女の血中濃度”は一定量を超えちゃいけないし、一定量を下まわってもいけないことを、女は本能的に知っている。だから外見によって、内面の女っぽさをコントロールするのである。

従っていつもスッピン、髪型からも服からも女っぽさを排除して生きている……そういうタイプの中には、内面の激しいまでの女っぽさを隠すためにそうしているという女性がじつは少なくない。特に“化粧”には、女の濃度が逆説的に表れるもので、スッピンを通す女ほど、じつは人一倍女っぽいことを見抜かれたくない、あるいはまた自分の中の女っぽさをセーブしたいと考えているものなのである。スッピンには、女であることを半ば放棄した結果のスッピンと、女であることを意識しすぎた結果のスッピンがあるようだ。

女とは不思議な生き物で、必要以上に女になってはいけないといつもどこかで思っている。女になりすぎると、人としてのバランスがくずれることを、いつもどこかで恐れていると言ってもいい。必要以上に女になりすぎると、男に拒まれるかもしれないこと、女に恐れられるかもしれないことを知っているのだ。男は、自分の中の“勇気”の量を知っていて、足りなければ逆に虚勢をはって自分を大きく見せるみたいなコントロールをするものらしいが、女は“女”をコントロールする。だから、骨のズイまで女に偏りすぎた、女のモンスターみたいな女は、たぶんひとりもいないはず。

女が“女っぽい女”を恐れるのは、自分自身が“女”になりすぎるのを恐れるあまりの反動に近いもの。それは自分の中の“女”を恐れているに他ならないのだ。だから“女っぽい女”は別にコワくない。女はみんな、必要以上に“女”になってはいけないと苦悩し、工夫し、自らバランスを取っている、とても健気な生き物なのである。

女っぽいスッピンというもうひとつの素顔について

面倒だったり、時間がなかったりして、結果としてスッピンになってしまったスッピンと、あえて自分はスッピンで通そうという強い意志をもつスッピンとは、明らかに見え方が違うことに、あなたは気づいていただろうか?

意志のない、言いかえれば女を捨てた日のスッピンは、とても単純に顔が弱い。見落としてしまいそうに、顔に力がない。ところが、女であることを充分に意識し、意識しすぎるために、逆に“女”であることを隠そうとするスッピンは、顔が強い。そのへんを歩いている化粧顔より、はるかに顔が強いのだ。肌の質も、美醜にかかわらず、何メートルも先から目に入ってきて脳裏に焼きつくし、目鼻だちはたとえ地味な造作であっても、ひどくインパクトがあったりする。

いつもいつもスッピンで、いつもいつも黒ずくめ、でも男に妙にモテる女性がいたという。“彼女にはたまらない色気がある”と男たちは口をそろえて言ったが、女たちにはその理由がどうしてもつかめなかった。しかし彼女が、一度に5人くらいと深い付き合いをするようなタイプであることがわかった時、彼女が骨のズイまで女であることを女たちは初めて知った。そう言われてみれば、彼女はスッピンなのに、よく化粧室へ行き、鏡をながめていた……。“女っぽいスッピン”はそうやって作るのである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ