1. 女っぽい女は、本当に危険か?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女っぽい女は、本当に危険か?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女っぽい女は、本当に危険か?

女は昔から“女っぽい女”は少し危険だと思っている。女は生まれた時からもう充分“女”なのに、それ以上に“女”を出すことに、明らかな計算を感じるからである。もちろん男に良く思われたい的な計算を感じるからである。そして時には、その目的を果たすために、自分たち同性の立場が脅かされることもあるかもしれないと思うから、“女っぽい女”は危険視されるのである。でも、“女っぽい女”は本当に他の女を脅かすほどのパワーをもっているのだろうか? そして、そもそも“女っぽい女”とは誰なのか?

女っぽい女”は厳密に言えば、2種類ある。ひとつは、見た目に女々した、姿形に女を丸出しにしたタイプ。もうひとつは性格的に、たとえば嫉妬深かったり、粘着質だったり、少し意地悪だったりするみたいなタイプ。ところが世間は、2つのタイプを混同しがち。いや、見た目に女が丸出しな女は、性格的にも女っぽいだろうと思ってしまう。しかし両方の要素を一人の女が持ち合わせるケースはむしろ少ない。つまり、私たち女は注意すべき危険人物を微妙に取り違えるのである。 女っぽい女は、本当に危険か?

見た目に“女っぽい女”に、じつは自分が“女っぽい”という自覚は、あまりない。なぜなら、彼女たちは“ふつうにキレイになりたい”と思っているだけ。別に女っぽくなりたいのではない。個性的でも攻撃的でも扇情的でもなく、女としてむしろ当たりまえにキレイになろうとすると、風貌は自ずと女っぽくなっていく。化粧をきちんとし、髪一本一本に意識をこめ、ハイヒールをはけば、どんな女もみんな充分女っぽくなるものなのだ。