連載 齋藤薫の美容自身stage2

“出会いがない”は本当か!?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

平成の七不思議の一つと言っていいのが、たぶん“出会いがないこと”に悩む男女がいっこうに減らない現実だろう。合コンはやりたい放題。女が男に声かけるのも全然OK。男女の出会いを阻むものなど何もないはずの時代に、なぜ“出会い”がないのだろう?

じつは、私のHPの“カウンセリングルーム”に届くメールでも「出会いがない」というお悩みがいちばん多く、平成の女が抱えるかなり深刻な問題として、このテーマをあらためて考えてみたいと思ったのだ。

なぜ出会いがないか?ひとつには、女がしっかり地に足をつけて、きちんと生きてしまっていることにある。学生の頃を振り返ってみれば、出会いなんて周りにゴロゴロしてた。またその日暮らしのフリーターなどやっていれば、まして毎日毎晩遊びほうけている人なら、出会いに困るなんてことはないのだろう。ちゃんとした仕事をもち、人としてまっとうな生活を送っていると、人は自ずと出会いの場面を減らす。ひとつの会社に勤続3年以上の、よくデキるOLほど、出会いに困るしくみになっているのである。

しかし、考えてみてほしい。男も同じ。きちんと生きているまっとうな男ほど、同じように出会っていない。合コンしても、そこでどんなに場を盛り上げても、女を選ぶ目だけは冷静という男も、今はむしろ増えている。20代30代の人口は、男の方が多いのだから、男の方がもっと出会っていないのだ。でも、男は女と違って「出会いがないこと」自体には悩まない。地域ぐるみで花嫁募集しているような地方の農家は別として、男は出会わないことに、それほどの危機感は感じない。その違いはどこからくるか。大事なのはそこである。

まともな男は自分の人生の格好がつかないと結婚はできないと思ってる。女は自分の人生の格好をつくるために結婚をしたいと思っている。男は人生が先。女は結婚が先。つまり男は人生の途中に出会いがあり、人生を深めないと本当の出会いはやってこないと考えるが、女は逆に出会いがないと人生も深まらないと考える。昔はそれでも丸く収まった。ところが今は女があまりにも変わってしまった。結婚する前に、すでに自分の人生をそこそこ始めてしまってる。なのに結婚の定義だけが変わっていないから、まるですでに舞台はとっくに開演してしまっているのに、自分の席が見つからずに激しく焦るみたいな状態に陥るのだ。でもそれではいけない。いっそ男たちと同じ考えをもってみたらどうだろう。人生をしっかり始め、それを深めないと真の出会いはやってこないと思ってみたらどうだろう。

しかしそこに大きく立ちはだかるのが、言うまでもなく年齢の問題。20代30代の早いうちに出会っておかないと意味がないという……。でも、その考え、もはや古くなりつつあるって知っているだろうか。女は“出産”という年齢制限があるから、ともかくやみくもに焦る。でも私が今強く訴えたいのは、“40代からでも出産は充分間に合う”、いやむしろ40代以上で出産すると女としてずっと若くいられ、しかも長生きできるという医学的事実。40代までしっかり人生をやって、それから出産して、それから100歳くらいまでの長い人生をゆっくりやればいいのなら、20代30代で変に慌てて、つまらない出会いをすることはないじゃないか。

もちろん、本気で今すぐ誰かと出会いたいというなら、“お見合いパーティ”にでもどんどん参加すればいい。そんなところに行くのは恥ずかしいとか、プライドが許さないとか言っている人は、じつはまだまだゆとりがあるか、さもなければ、自分も男のように人生のを深める過程で、真の出会いを果たしたいと無意識に決めている人。だったら、出会いを待つより、ともかくは人生を先に固めていくしかない。言っておくが、出会いはある日突然、まったく不意にやってくる。今日あるかもしれない、明日あるかもしれないのが、出会いなのだ。ダカラ、慌てても何の意味もない。どうか今は一日一日をていねいに生きてほしい。

今日出会いがあるかも……と思う心が、美容における満点パワーを生む

ある日突然、私は美容におけるとても重大な発見をしてしまう。「出会いがない、出会いがない。なんで出会いってないんだろう」といつもぼやいている女性が、ちょっと有名な“お見合いクラブ”のパーティに出かけてみるという話をしていた時、明らかにいつもとは肌の感じが違っていることに気づいたのだ。彼女はもともと、ちょっとくすんだジャージーみたいな肌をしていた。なのにその日の彼女の肌は、いわゆる陶器肌、表面がじつになめらかで、透明感もある。北欧の女性みたいに清潔な肌に見えたことを、今も決して忘れられないのだ。

その時気づいたのは、「出会いがない」とぼやいている人は、ぜったい存在がくすんで見えるのに、「いつどんな人と出会うかわからないじゃない? だから私は毎日手ぬかりなくキレイにしておくの」なんて言っている人は、ぜったい存在が輝いて見えること。これはもう疑いようもなく、そうなのだ。女をもっとも美しく見せるのは“恋愛”だとばっかり思っていたが、ここで訂正してしまおう。女をもっとも美しく見せるのは、“出会いへの期待”なのである。

いつどこで出会いがあるかわからない……毎日そう思って化粧することが、ともかく実際の化粧以上に女を輝かせるのは確か。実際、出会いというのは不意に襲ってくるもの。「出会いがない」と思いながらのメイクに効力なしと言ってしまおう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ