連載 齋藤薫の美容自身stage2

“男性とつき合えないのは、変なのか?

公開日:2015.04.23

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

好きな人ができないことに悩んでいる女性も今、意外なほど多い。合コンには行くのに、対象がしぼられると、何となくイヤになる。好きになられると、嫌いになる。彼女たちは理想が高いのか? しかしエリートを探すような“理想の高さ”とは意味が違う。こういう女性はいわゆるファザコンの傾向が強く、父親的なものを男性に求めているところへ“男”を出してこられるから引いてしまう……らしいのだ。

しかし、いい父親といい関係を保ってきた女性ほど、男をちゃんと立てながらもカゲで男を上手に操る、なかなかの“いい女”になりやすく、逆に、父親を尊敬できずに育った女性は“女を平気で売りもの”にする傾向にあるらしい。女はどこかファザコン気味であった方が幸せになれると言っていいのかもしれない。いずれにしても、“男嫌い”じゃないのに、男性を素直に受け入れられない女は、男をどこか尊敬したいからこそ、安いところで手を打てないのだろう。長い目で見るとそういう女性はとても正しい。

男性と付き合えないのは、変なのか?  そしてまた女には“たくさんの男に愛されたい女”と“たった一人に愛されればいい女”がいる。いや、正確には“たった一人の愛”の尊さに気づいている女とまだ気づいていない女がいると言うべきなのかもしれない。男にモテるのをイヤがる女はいないだろうが、とても早いうちに、“たった一人の愛”の尊さに目覚められた女は、なかなかうまく男性と付き合えない女になりがちだともいう。

たった一人の愛……そもそも女はそれを得るために生きているのではないかと思うことがあるくらい、女にとってそれは大切なもの。たった一人の揺るぎない愛がすぐそばにあれば、女は何をやっても生きられる。本来がそういう生き物なんじゃないかと思うのだ。けれど、多くの女はそれに気づかないまま、恋をし、交際し、そして結婚したいと願ってしまう。だから、相手を大切にしなかったり、結婚の幻想に破れたりしてしまうのではないか。そしてたった一人の揺るぎない愛を獲得するための、努力というものを怠ってしまうのではないか。しかし、男性を受け入れられない女性の中には、“一人の愛”のものすごい重さに気づいているからこそ、容易には踏み込めない、最後の最後まで踏み込めないでいる人も少なくないと思うのだ。そしてそれも、長い目で見ればとても正しい。誰がその“たった一人”なのか? “一人”の重さ、その愛の深さをイメージすればするほど、あっけらかんと近づいてくる男を拒否したくなる……それはじつに見事な女の選択なのだ。

しかし、その“たった一人の愛”は不意に天から降りてくるものなのだろうか?そうじゃないと思う。育てていくものだと思う。つまり、男と女の間で、お互いを“たった一人”に育て上げるべきが、恋愛であり、結婚なのだ。始まらなければ育てることもできない。その人がその“たった一人”なのかどうかじゃなく、相手とまずは関わって、何かが育つ相手かどうかを見極めるところから始めてもいいんじゃないだろうか。

そしてもうひとつのケース。女性の中には、女として男の前でどうしても素直になれない人がいる。いろんな要因があるだろう。女として自信がない。男への免疫がなくアガる、または意識しすぎる……。でもこの男に素直になれない性癖だけは、何としても直すべきだ。自分を素直に出せなくても、相手が男性である場合、自分が損するだけで社会的制裁を受けないから、いい大人になるまでそれをずっと続けてしまいやすい。でもこれはどう転んでも女の人生をダメにするから今すぐやめてほしいのだ。目が合ったら優しく微笑むだけでいい。話しかけられたら自然に答えればいい。自分を良く見せる必要などまったくない。ともかく、同性に対するのと同じように、自然に当たり前に接すればいい。ただにこやかに笑うだけで、女の人生は必ず変わるのだ。その時初めて“たった一人の愛”を見つける準備が整うのである。

男性と付き合えない女性たちよ、素直な女のままつまらない男はきっぱり拒もう。いつかきっと“一人の愛”が勝ちとれるはずである。

男の前で素直になれない女は、キレイの形も歪んでしまう

男の前で素直になれないと、女はなぜいけないか?答えは簡単、ブスになるからである。男に対して素直な女と素直じゃない女……その差はいつどんな時もビジュアルにハッキリ表れる。男に素直に接することができない女は、そのちょっとひねくれた心を、顔の表情に表す以外に方法がないからである。ちょっとしたあいさつをするにも、顔を少し歪ませる。一応はまともな会話を交わしていても、目が相手をまっすぐ見ていない。なぜだか目が相手を疑っているのである。そしてもちろん、笑顔が歪む。仕方なく微笑んでいることを、相手にわざわざ伝える笑顔とでも言うのだろうか。いずれにしても素直でないことは、すなわち自分をブスに見せること。男に素直でないことは、だから女にとって最悪なのである。

男が「あの子はカワイイ」「あの子はカワイくない」と女を批評する基準は、はっきり言って顔立ちじゃない。服へのセンスでもない。自分たち男に対して、素直か素直じゃないか……それをカワイイ、カワイくないの基準にしているのである。言いかえれば、素直じゃない女は、実際自分をブスに見せている上に、男には「カワイくない」と酷評される。こんな踏んだり蹴ったりのことがあるだろうか。美容の大前提、いや、美容の命は、男に素直なこと!! これだけは忘れてほしくない。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ