1. “男性とつき合えないのは、変なのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

“男性とつき合えないのは、変なのか?

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男性と付き合えないのは、変なのか?  そしてまた女には“たくさんの男に愛されたい女”と“たった一人に愛されればいい女”がいる。いや、正確には“たった一人の愛”の尊さに気づいている女とまだ気づいていない女がいると言うべきなのかもしれない。男にモテるのをイヤがる女はいないだろうが、とても早いうちに、“たった一人の愛”の尊さに目覚められた女は、なかなかうまく男性と付き合えない女になりがちだともいう。

たった一人の愛……そもそも女はそれを得るために生きているのではないかと思うことがあるくらい、女にとってそれは大切なもの。たった一人の揺るぎない愛がすぐそばにあれば、女は何をやっても生きられる。本来がそういう生き物なんじゃないかと思うのだ。けれど、多くの女はそれに気づかないまま、恋をし、交際し、そして結婚したいと願ってしまう。だから、相手を大切にしなかったり、結婚の幻想に破れたりしてしまうのではないか。そしてたった一人の揺るぎない愛を獲得するための、努力というものを怠ってしまうのではないか。しかし、男性を受け入れられない女性の中には、“一人の愛”のものすごい重さに気づいているからこそ、容易には踏み込めない、最後の最後まで踏み込めないでいる人も少なくないと思うのだ。そしてそれも、長い目で見ればとても正しい。誰がその“たった一人”なのか? “一人”の重さ、その愛の深さをイメージすればするほど、あっけらかんと近づいてくる男を拒否したくなる……それはじつに見事な女の選択なのだ。

しかし、その“たった一人の愛”は不意に天から降りてくるものなのだろうか?そうじゃないと思う。育てていくものだと思う。つまり、男と女の間で、お互いを“たった一人”に育て上げるべきが、恋愛であり、結婚なのだ。始まらなければ育てることもできない。その人がその“たった一人”なのかどうかじゃなく、相手とまずは関わって、何かが育つ相手かどうかを見極めるところから始めてもいいんじゃないだろうか。