1. “嫌いな人”がいてはいけない

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

“嫌いな人”がいてはいけない

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“嫌いな人”がいてはいけない

い人間と悪い人間……世の中、そんなに単純に割り切れるものではないけれど、私たちの日常会話の中では「あの人は大丈夫、いい人だから」とか、「あの人、いい人そうに見えたのにね、違ってたね」などというふうに、人間が“いい人”か“いい人じゃないか”にキッパリ分けられている。 でも、よく知りもしない人のことを、なぜ“いい人”か否か、決められるのだろう。 

人の印象を示す言葉に“カンジいい”“カンジ悪い”という表現がある。にこやかで当たりが良ければカンジいい。笑顔が少なくとっつきにくければカンジ悪い……話はひどく簡単なのだが、人間はそういう表面上の“カンジ”には現われないものまでを、じつは敏感に嗅ぎとっていて、それで“いい人”か“悪い人”かを決めている気がする。そう、“いい人”かどうかは匂うのだ。「あの人、一見こわそうだけど、けっこう“いい人”みたい」などと感じるのは、人間やっぱり人の良し悪しを、匂いで嗅ぎとっているからなのだ。

じゃあ一体、何がどう匂うのか?じつはそれが嫌いな人の数。嫌いな人が多いか少ないか。“嫌いな人”だらけの人には“いい人”の匂いが漂わない。だから近づかない。だって、自分も嫌われてしまうかもしれないもの。近づいていって、わざわざ嫌われるのは、誰だってイヤだもの。