連載 齋藤薫の美容自身stage2

“嫌いな人”がいてはいけない

公開日:2015.04.23

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

い人間と悪い人間……世の中、そんなに単純に割り切れるものではないけれど、私たちの日常会話の中では「あの人は大丈夫、いい人だから」とか、「あの人、いい人そうに見えたのにね、違ってたね」などというふうに、人間が“いい人”か“いい人じゃないか”にキッパリ分けられている。 でも、よく知りもしない人のことを、なぜ“いい人”か否か、決められるのだろう。 

人の印象を示す言葉に“カンジいい”“カンジ悪い”という表現がある。にこやかで当たりが良ければカンジいい。笑顔が少なくとっつきにくければカンジ悪い……話はひどく簡単なのだが、人間はそういう表面上の“カンジ”には現われないものまでを、じつは敏感に嗅ぎとっていて、それで“いい人”か“悪い人”かを決めている気がする。そう、“いい人”かどうかは匂うのだ。「あの人、一見こわそうだけど、けっこう“いい人”みたい」などと感じるのは、人間やっぱり人の良し悪しを、匂いで嗅ぎとっているからなのだ。

じゃあ一体、何がどう匂うのか?じつはそれが嫌いな人の数。嫌いな人が多いか少ないか。“嫌いな人”だらけの人には“いい人”の匂いが漂わない。だから近づかない。だって、自分も嫌われてしまうかもしれないもの。近づいていって、わざわざ嫌われるのは、誰だってイヤだもの。

でも“人を嫌わない”って本当に難しい。“悪い人”の匂いを発するほど、嫌いな人だらけにはならなくても、一時的に誰かを嫌うことは、生きている限り避けられない気もする。ただそれでも、自分の幸せのために、できるだけ“嫌いな人”をもたずに生きようというのが、今回の提案。なぜなら“人を嫌う”のは、ものすごくエネルギーの要ることで、ヘタをすると“恋愛”以上のパワーを使い、女から何もかもを奪っていくことが、実際ありうるからなのである。

相手は女でも男でもいい。ともかく気に入らない人がいるとしよう。あなたは気がつくと、その人のことをふと考えているんじゃないだろうか。“好きな同性”のことは、日中ボーッとその存在を思い浮かべたりしないのに、“嫌いな同性”だとわざわざ思い出す。そしてわざわざイラつく。まるで恋をしているみたいな集中力だ。いや、“嫌いな人”は、恋人と同じくらい、人の心を支配する。別の意味で、その人の虜……。相手が身近にいる限り、寝ても覚めてもその人のことが頭から離れないまでに、人を嫌うことが、女には実際起こりうる。人を嫌うと、それがコワイのだ。

極端な話、最近増えている“女同士の殺人”は必ずいちばん身近な友人であったりするのもその証。その人に集中しすぎて、最悪の手段をとってしまうのだろう。嫌いな人を否定することに、自分のすべてを投げ出すようなことが、女はできてしまうのである。その時に受ける心のダメージが、どんなに女を醜くし、蝕んでしまうか、わかるだろうか。嫌いな人のために、自分がダメになる……そんな不条理があっていいわけはない。だから、嫌いな人を作らない。嫌いな人に集中しないためである。

ある小説に、同じアパートに住む同年代の女性を殺してしまう若い女の話があった。動機はと言えば、日頃から相手が少し非常識であったことと、その時ムチッとした肌が汗でねっとりしていたから。人が人を嫌いになる理由。否定してしまいたくなる瞬間とは、悲しいが案外そういうものだったりするのかもしれない。

女はいつも恋をしているべきである……そう言われる理由のひとつは、自分の心の中を“好き”の感情でいっぱいにしておくため。一日何度も思い浮かべるのが、“好きな人のこと”であってほしいから。もし“嫌いな人のこと”を、一日一回でも思い浮かべるようになったら、この話を思い出してみてほしい。“嫌いな人”はただ心の片すみに置いておけばいい。わざわざ引っ張り出して心の中でこねくりまわしてはいけない。すべて自分のためにである。

“嫌い”を助長させてしまう、“生理的嫌悪”の正体

“生理的な嫌い”を口にする女性が増えている。いわゆる“ケッペキ症”の女たち。ダサイ物ダサイ人を何より憎むオシャレ命の女たち。そして女がみんなキレイになりたい、キレイになっちゃった時代、汚い男、ダサイ男が今まで以上にスポイルされるのも、やっぱり時代なのである。

しかし、本文で書いたような“ムチッとした肌が汗でまったりしている女”に異常な嫌悪を感じてしまうみたいなこと、確かに人間には起こりうる。それ自体単独では“嫌い”の原因にならなくでも、たとえばこの場合のように、非常識な女に日頃からムカッ腹がたっていたような時、ただ肌が汗でヌメッているだけで、嫌悪に火がつくことってありうるのだ。でもなぜ、ムチムチ肌に汗がいけないのか。

生理的嫌悪は必ず“五感による想像”から生まれる。あのムチムチまったりがべたっと自分の体にひっついてきたらイヤだろうなど、わざわざありえぬシーンを五感でイメージしてみるわけだ。何の関わりもない、関心もない相手のムチ汗なら、そこまで想像をさせないのに、嫌いと思う相手だと、よせばいいのに想像する。よけい嫌いになる。そしてさらに、嫌いになるほど相手が気になり相手の姿形を目で追い、五感で想像してもっと嫌いになるという悪循環。五感でわざわざ不快感をイメージする……これほど美容に悪いことはない。まさに“嫌い”はブスの始まりなり。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ