1. “好きな人”を3人作ろう

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

“好きな人”を3人作ろう

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“好きな人”を3人作ろう

ずい分昔の話だが、その時付き合っていた彼と、高校時代からの親友と、そして自分の母親と、ちょっと妙なメンバー4人で旅行をしたことがある。今でもあの快感は忘れられない。彼と親友と母親はそれぞれに気疲れする旅だったかもしれないが、私としてはこの世でいちばん気心の知れた3人と旅をする心地よさに酔いしれた。でもその“忘れられないほどの快感”は、気疲れがないからじゃない。“好きな人ばっかりの世界”に浸れる喜び。それだったのである。 

その旅の途中で考えた。この3人に対する“好き”は、比較ができないし、順位もつけられない。でも少なくともその時の自分にとっては、好きな人BEST3。まったく種類の異なる“好きな人”3人がまとめて自分のそばにいる。その心の満腹感をどうか想像してみてほしい。自分の人生、捨てたもんじゃないかも、幸せかも……そんな想いまで吹き出したのだから。 

この時、気づいたことがもうひとつある。女は“好き”という感情がどうしても偏りがち。当時の自分も、彼のことで頭がいっぱい。“好き”の感情を彼だけに使ってた。でも、親友と母親を一緒に並べてみて初めて、この二人も同じように“好き”だったことに気づく。恋の好きと、友情の好き、家族に対する好き、好きが3種類あったことに、あらためて気づかされるのだ。そして、友情の好きや、家族に対する好きを、心の中で確認した時、何だか知らないが、とてもあたたかい気持ちになれることを発見するのである。